人間関係

全身ブランドだらけがダサい?ブランドに対する間違った思い込み

投稿日:

よく「全身高級ブランドで固める男とかダサい」「ブランドはさりげないほうがオシャレ」などという人がいます。

確かにわかりますが、言葉が足りなすぎるように思います。

全身ブランド品はおかしい話なのでしょうか?

全身高級ブランド品は金持ちなら普通

生活圏が違う。金持ちによってはそれなりの店しか行かない。

もちろん人によりますから「ファスト好きの金持ちもいるだろ」って反論は野暮です。

前提として稼いでいる人は経済的余裕があるのですから、あえて安いモノを取り入れる必要性はないですよね。

もしあるとすれば「金はあるけど服なんて着れればいい」「服に金かけるより投資だ!」とかそういう人です。

 

でも適度に服の品質やこだわりを持つなら、百貨店やデパートにある相応のブランド服を着るでしょう。

財布やカバンなどの小物もそこで調達するでしょう。

「じゃあ全身高級ブランドになって当然だろうよ」って。

 

イオンで食料買う人は「イオンだらけ」になるように、百貨店のデパ地下で買う人は「デパ地下だらけ」になる。

イオンに入ってるテナントで服を買う人はそこに集中するし、高島屋や三越で買う人はそこにあるブランドに集中します。

 

それが金持ちの普通なのですから。

気持ち悪いとかダサいとかっていう嫌悪感は単なる当人に対しての感情であることが多い気がします。

視点を変えると「ブランドで固めてる」と思うのは「たまにしかブランドを買えない人」の発想。

お金持ちは「ブランドで自然と固まる」のが正解です。

あとよく聞く「ブランドに着られるとは一体どういう状態なのか?」と個人的には疑問しかありません。

似合ってないという主張を「ブランドに着られる」という表現でこき下ろすのはズルい気がします。

似合っていないことを感情ではなく論理的に指摘できなければそれこそダサいです。

 

そういうアピールの強い輩に遭遇しちゃっただけで、だいたいお金持ちはプロレス技よろしく「ブランド固め」になって普通です。

 

繰り返しますが「たまにしかハイブランドを買えない人」にとってはそのブランドを集めるという意識になるため「固める」という発想が生まれます。

しかし、ハイブランドのお店で服を買うことが当たり前のお金持ちは「固める」とかいう意識はないのです。

それが普通だから。

「服はいつもユニクロで買うよ」という人に「全身ユニクロで固めてるね」というのはおかしな話なんですよ。

たけのこ
意識的に固めてるんじゃない「固まってる」の!

 

嫌いなのは「オラオラ感の出たブランドロゴアピール野郎」ですよね?

ハイブランドで固めるのは言葉だけ聞くぶんにはダサくなんかないですし「ワンポイントとかさりげなくってのがオシャレ」ってのは場合により間違いです。

そもそも「ワンポイントで」とか「さりげなく」ハイブランドならオシャレに感じるって変じゃないですか?

 

じゃあ浮浪人のごとくボロボロヨレヨレの服にハイブランドのロゴキャップ被ってたらワンポイントだしオシャレなんですか?って話になる。

そうじゃないですよね。

服のデザインと本人に合った着こなしが大切なんじゃないですか?じゃあそもそもオシャレの良し悪しにブランドは関係ないじゃないですか。

「ワンポイントで」とか「さりげなく」とか思いっきりブランド意識しちゃってる発言だよね。

 

ブランド尽くしの人をオシャレかどうかの観点から非難する時の比較対象としてそれを出すのはおかしい。

言うなら「オシャレかどうかにブランドは関係ない。以上。」の一点張りのみだと思うのですが、間違いですかね。

 

てかなんすか、ふとした瞬間にチラッと見えるハイブランドロゴにときめくんすか?

「隠してるけど実は金持ちなんだ・・・」って見る目が変わっちゃうんですか?それなら相当下品ですよ。

 

私はさりげなかろうがなんだろうがダサいと感じる奴はダサいですし、ブランド尽くしだろうがカッコイイ奴はカッコいいと思います。

オシャレかどうかにブランドは関係ないと思っているから。

 

ブランド固めを批判する人は「ブランドロゴを主張してドヤ顔アピールするアホ」が嫌いなだけなんですよね?

ついでにそいつ性格もオラオラしてて苦手なんですよね?

 

だから「ブランドで固めてる奴は〜」とか悪意を持って言うんでしょうけど「単にそいつが嫌いなだけじゃん」て。

聞いてもいないブランド自慢始めたりとかするからなんでしょ?わかりますよ私も会ったことありますよそういう人。

 

「スタバでMac開いてドヤ顔が〜」みたいなのと一緒で、高級品ひけらかしていい気になってるのが気に食わないと言っているのと一緒。

でもそう言う人ほど、謙虚で好感の持てる人がMacを使っていると「Mac使う人はやっぱり違うね!」とかお世辞かましてくる。

 

「ブランドロゴを主張してオシャレだろ感出す奴は嫌い、オシャレかどうかにブランドは関係ない」

ちゃんとそういう風に言わないから「高級ブランド買えない僻みだなwww」なんて思われるんですよ。

「ワンポイント」や「さりげなくブランドを〜」なんてのは聞く人によっては「一点豪華主義だねwww小物しか買えなかったんだねwww」と解釈されるいい材料でしかない。

「買える買えないの前にオシャレにブランドは関係ない、以上」であれば、あくまで本人のセンスを問うだけで「僻み」という土俵には引っ張られませんから。

 

「高級ブランドアピール奴」の特徴

  • 聞いてもいない高級ブランドの話をする(俺(私)ヴィトン好きなんだけどさーetc)
  • いきなりブランドの話をする(つーか最近のバレンシアガやばいと思わない?etc)
  • とてもわかりやすいブランドを好む(ヴィトンならモノグラムなど総柄系)
  • 顔や態度、言葉遣いに下品なチャラさが滲み出てる
  • 他人の持ち物を逐一チェックする(それどこの?とか値段を恥ずかしげもなく聞いてくる)
  • 構ってちゃん(これ見よがしのブランドアピール)
  • うるさい、騒がしい(本人曰く「ノリ」が大切)
  • 自分の思うようにならないと不機嫌になる。(自慢に反応しないなど)
  • 学歴の無い奴は金持ちアピール一辺倒(または不良武勇伝など)、学歴のある奴は金持ちアピールを阻止されると学歴アピールを持ち出してくる。

ここはきっと共感いただけるのではないかと思います。

彼らは燃える闘魂なんですよ。

 

人にあった瞬間「ファイ!」のゴングと共にどちらが上かをバトらないと生きていけない生物なのです。

彼らは「ブランドで着飾ることが競争社会で優位に立てる方法」であるかのごとく、わかりやすいブランド品を好みます。

 

私の高校時代は「腰パンしてケツポケにヴィトンやらグッチの長財布入れてる奴が多い時代」でしたが、彼らはカースト上位に位置し女子からモテてました。

こういう風に「強者アピール」ってのは子供の時からあるわけです。

彼らは大人になると二択に別れます。

  • 高級ブランドの存在そのものに飽きて普通になる
  • 大人になり金を求めよりその傾向が強くなる

前者は結婚して子供ができてそんな余裕がなくなるというのもあるかもですが「強者アピールする必要性に疑問を覚えた」のでしょう。

 

で、そういうのに間近で触れつつコンプレックスを抱いてきた秀才君あたりは大人になり稼ぎが良くなると数年遅れで「金にものを言わせたようなブランド野郎」に変貌します。

わかりやすくブランドロゴの入ったカバンや衣類を身に着け、自身の稼ぎをアピールします。

合コンなどでこういう奴が「なんかこなれた感じがしない」と女子から避けられるのは「金を稼ぐ男はモテる=とにかくそれをアピろう」を意識しすぎちゃっているため。

それは事実なんですが、そのアピール手法が下品そのものであるうえ、他に中身がなく軽いのでそうなります。

 

逆に言えば、イケメンやトークの上手い人は「自分の武器」を自覚しているためこのような行為には走りません。

しかし学力のようなわかりにくい所に時間を費やしてきた「自分には見せられる特徴がない(と思っている)人」はそのアピール手法が今までなかったために、お金を持つと「ブランド(権威)アピールが強くなる」のでは?と分析しています。

学歴や年収アピールみたいなのを好むのも根本的には「それしかない(と思っている)」ためです。

 

さいごに

合わない人じゃなければ相手の服装などどうでもいい

一方で反感を持たれないお金持ちは「金のあるなしで周囲と戦って勝ってもしょうがない」ということを本質的に理解しています。

だからブランドロゴを全面に押すような服は買いませんが「無地だけど全身ハイブランドだった」というようなことはよくあります。

それは金持ちにとって生活圏にある服をセンスで選んで着ているだけであって「ブランドで固めた」とは異なるものです。

だから意識的に「ワンポイント」とか「さりげなく」だなんて鼻から思っていない。

さして目的がないなら下品な主張はしないのは誰だって理解できるところだと思います。(目的がないのに街中で「◯ンコ!」とか叫ばないのと同じです)

 

だからファッションにおいてオシャレかどうかにブランドは関係ありません。

単に「ハイブランドで全身固めるのはダサい」という主張は解釈も言葉も足りていません。

 

「このブランドの服は生地も縫製が良くてシルエットが秀逸」なんてのはありますが、それはブランドではなく服のディティールを見ているだけですよね。

つまり安い服でもディティールを見て選んでいる人ならきっとオシャレなのでしょう。(服の耐久性は知りませんがそれは別の話なので)

 

私は「オシャレだなぁ」と思う人がGUやユニクロで全身コーディネートしていたと知ったら「すげぇー」と尊敬します。

お金をかけずに自分が他人からオシャレだと思われるものを選べている訳ですから、客観性があるともいえますよね。

しかし根本的に「嫌な人じゃないか」が大事なので、性格が合うなら相手の服装など究極どうでもいいです。

 

たけのこ
オシャレかどうかにハイブランドの権威性を持ち込もうとするのはセンスを育てられない人間の言い訳。

-人間関係

Copyright© たけのこズドン , 2019 All Rights Reserved.