人間関係

人と比べる癖のある人はTwitterを辞めるべき?放置にメリット大

投稿日:

普段何気なくつぶやいている人や、創作活動の主戦場としている人などTwitterにはあらゆる人がいます。

しかし、TwitterのみならずSNS全般には「ネット人間関係ならではのストレス」があるもの。

特に「他人と比較して落ち込んでしまいやすい人はTwitterを辞めずに割り切って放置する」のがオススメな理由を解説します。

注意

TwitterやSNSにストレスを感じて悶々としちゃう人への内容ですので、自ら線引きを決めて楽しめている人はそのまま楽しく使えば良いと思ってます。

Twitterを放置するメリット

他人の発言に一喜一憂したり比較することがなくなる

たけ美
私の呟いた後に自分よりフォロワーの多い人が同じことを呟いた・・・めっちゃいいねされてる。
あぁ、私って何なんだろう。踏み台?
たけ美
思い込みかもしれないけど、○○さんのさっきのつぶやき私のことだよね。
仲良くしたいのになんか意味深で嫌な気分だなぁ。
たけ美
全然すごくないしむしろ下手なのに、なんで私よりフォロワー多くてチヤホヤされてるの?
しかも調子乗って人にアドバイスするとか何様!
たけ美
ちょっと注目されたからって上から目線な発言なんなの?
知り合った時は「たけ美ちゃんが頼りだよ〜」とか言ってた癖に!
たけ美
周囲と違うこと主張したらすぐ批判される!
SNS 見て 鬱になる
あるある探検隊!
たけのこ

という風に、SNSから生み出される怒りやモヤモヤは尽きることがありません。

真面目に関われば関わるほどに苦しい思いをして「自分愚痴ばっかり。性格悪いな〜」とか思い始めちゃうもの。

 

この思いが「負けないように頑張るぞ!」という気持ちになれば良いですが、大抵はなりません。

たけ美
○○さんなんか叩かれてしまえばいい
たけ美
別垢作ってアンチコメしてやろwwwクソがっ!

 

これは少々極端に書いた例ではありますが、SNSで悶々としちゃう感情をプラスに昇華させるのは難しいです。

この負の感情を生み出さないためには「SNSで他人の投稿を一切見ない」こと以外ありません。

 

たけ美
でもさ、それならTwitterアカウントを消して辞めても同じじゃん。
あえて放置しておくメリットはなんなの?

確かにアカウントごと消してしまう方が潔い気もしますが、Twitterを始めSNSはデメリットばかりではありませんよね。

特に創作活動をしている方は「告知オンリー垢」として残しておいて良いと思いませんか?

たけ美
好きなアーティストとか、最新情報のためだけにフォローしたりするよね。

イラッとする投稿を見ないために、あなたと繋がっていたい人まで問答無用で切り捨てるのはもったないです。

またFF内にリアルで知り合った人がいて「嫌いじゃないけどメールやラインでやりとりするのは・・・」という場合にTwitterのDMはちょうど良い存在だったりします。

あえて放置の理由

  • 負の感情を生み出さないため
  • 告知や連絡用としてSNSを活用するため
  • 互いに良い関係の人を切り捨てないため

SNSは辞めた後も発信するなら

個人ブログや個人サイトが再び注目を浴びる?

2000年代前半に個人サイトやブログが注目を浴び始めました。

2010年頃にはサイトやブログよりもよりお手軽な共有サイト・SNSが登場し今に至ります。(大雑把)

 

しかし、SNSになるとより「数」に注意がむきがちです。

SNSで求められやすい所

  • フォロワー数
  • いいね、リツイート数

知名度を獲得した人はどこまでも発信力を得て「何を言うかよりも誰が言うか」で全てが決まるほど。

 

ブログや個人サイトもPVランキングなど数を比較し競う所はありますが、それは強制ではありません。

アクセス解析は晒さなければ管理者しか正確な値はわかりませんし。

 

また、SNSではスピードがありすぎるからこそ、のんびりとできるブログや個人サイトで情報発信することを選ぶ人もいます。

  • たくさんいいねが付いたって、1週間もすれば人々から忘れられてまた違う発言にいいねが集まる。
  • 一度たくさんのいいねが付いたら、次はそれを超えないと満足できなくなる。

そのうち安定的に大量のいいねを獲得する人を妬んだり、いいねのために発言を捏造したりして・・・。

たけのこ
大切な自分の人生をいいねに捧げるような行動はダサいね。

 

自分の部屋に好きなものを並べていく感覚

個人的にTwitterやSNSってどこか「ネット空間にある1つの箱に全員ぶち込まれて好き勝手つぶやいている」みたいな感じがします。

ですが、自分でサイトやブログをやっていると「ネット空間にある自分の部屋に好きなものを並べる感覚」があるんですよ。

 

サイト・ブログデザインも自由度が高いですし、長文を載せようが写真だけだろうが自分の勝手です。

誰かに気を遣って内容を考える必要もありません。

そして、そこに興味をもった人が度々「おじゃましますー」とやってくる感じ。

 

そういう「(表現において)自分のホームはここなんだ」と思える場所が必要な人って意外と多いはずです。

 

"好きを並べていく"とSNSを合体させたpixivのようなプラットフォームもありますが、フォローや評価制度があるじゃないですか。

企業が用意する箱って商売的な面から「ユーザーを競わせて回遊させまくろう!熱中させよう!」みたいな事を意識しているようで、余裕がありません。

 

今の時代、そういう意図からいかに離れた場所に自分を置けるかが精神的な安定にも関わってくるような気がしています。

 

さいごに

誰がどう言おうが「自分は良いと思う」を守れる環境に

  • これは有名だから価値のあるものだ。
  • たくさんリツイートされたから価値のある発言だ。

自分が違うと思ったらその気持ちに嘘をつかずにいられる環境は自分で作るしかないと思います。

そこに共感してくれる人を集めることが情報社会で幸せに生き抜くポイントだと思いたい。

-人間関係

Copyright© たけのこズドン , 2019 All Rights Reserved.