人間関係

自分のツイッターのフォロワーが反応しない当たり前の理由

更新日:

SNSに疲れていることを自覚しながら止められない人がいるようです。

知人がそうなのですが、彼はしきりに「反応がない」ことを愚痴っぽく漏らしていました。

ここではTwitterやインスタグラムといったSNS以外にも当てはまることを解説します。

フォロワーから反応が貰えない理由

そのつぶやきに反応する必要性がないから(興味関心がない)

たけ美
今日も崇拝するボディービルダー武フトシ様の有り難いお言葉がツイートされてる。いいねしなきゃ!
たけ美
にしても、私がどれだけ武フトシ様の良さをツイートしても誰も反応してくれない。
たけ美
みんな頭湧いてんのか!
だってたけ美ちゃんのフォロワーってハンドメイドイベントで知り合って相互フォローした人が大半でしょ?
たけのこ

 

このように「もともと自分のフォロワーはどのような経緯で生まれたものなのか?」を考えないと、望むような反応は貰えません。

上の例で見れば、ハンドメイドイベントで知り合って相互フォローし合った関係であることから「ハンドメイドの情報共有を意識して互いがつながった」と考える必要があります。

つまり、ハンドメイド以外のつぶやきはフォロワーからそれほど興味を持たれない可能性が高いということ。

繋がったフォロワーの中に武フトシ様を好きな人もいるかもしれませんが、それは例外と考えるべきです。

 

たけ美
でも「今からラーメン食べ行く」みたいなツイートで何十いいねとか付いてる人もいるよ?
それはその人のフォロワーがファンで構成されているからだよ。
たけ美ちゃんだって崇拝するボディービルダー武フトシ氏のつぶやきは大体いいねするんでしょ?
たけのこ
たけ美
いいね連打するから取り消しになってることもあるほどに。

 

よく人様の「フォロワーを増やす方法」などを読むと「一貫した価値の提供」を説いていることがわかります。

言い換えれば「この人達!と決めた層が反応するコンテンツを投下し続ける」ということ。

 

相互フォローアカウントやフォロワー購入をする人がわかっていないこと

SNSが一般化すると、フォロワー数の多さが相手の戦力であるかのように錯覚してしまう人もいるでしょう。

実際に有名人アカウントは何千、何万というフォロワーがいますからね。

 

となると「フォロワーを増やせば自分も同じステージに行ける」と安直な思考をしてしまう人がいます。

そして、相互フォローアカウントを片っ端からフォローしたり、フォロワー購入という愚行を繰り返してしまうのですね。

 

そのようにフォロワーを増やしていくと、見かけ上の数字は多いものの影響力でいえばゴミ屑レベルです。

というのも、自分の発信に共感して寄ってきたフォロワーではないため反応がまるで貰えません。

相互フォロー垢なども目的がそれだけなら「あなたの好みなんて興味ないけど、互いに見せかけの数字を増やしましょう!」って言っているような存在です。

みんなして「自分が!自分が!自分に反応して!?・・・他人?他人は知らない。」って人ばっかり。

 

 

自分の投稿への反応がないくせに、フォロワー数だけ立派なアカウントってダサくないですか?

そういうアカウントに限ってフォロー数を少なくして人気者構図を作っています。(フォロー数200に対してフォロワー1万とか)

また、そのような愚行を見破るツールも存在します。

■Fake Followers Check

https://fakers.statuspeople.com/

■Fake Followers Checkの解説

https://webtan.impress.co.jp/e/2012/12/18/14354

フォロワー万単位で人気っぽそうな絵師さんのアカウントなどを見てみましたが、ちょっと・・・怪しい人とかいました。

(第三者から意図的に購入フォロワーを浴びせられる人とかいそうですが・・・わざわざそんなことされるんですから稀な人なのでしょう)

 

こういう風に相手にフォロワーチェックをされて「ツイートの反応も薄いし、フォロワーが胡散臭いし、見掛け倒しもいいとこだな(笑)」と思われたら?

それこそ羨望の眼差しを向けらたいハズが、哀れみの目で見られることになるのです。

それでも数字でしか判断できない人は「こんなにフォロワーいるなんてすごい!」って騙されるかもしれませんが・・・目覚ませ。

 

SNSに限らず、見かけの数字なんていくらでも捏造できる。

 

たけ美
じゃあ真面目に発信するのが一番ってこと?
たけ美
フォロワーを買って見かけの数字を上げたから更にフォロワーが増えるなんてことはないの?
あるよ。でもその後を理解できていない人もいる。
たけのこ

 

実際に情報商材などを販売する人は、最初の時点でフォロワーを調達し見かけの数字を作ることもあるようです。

しかし、それと同時に「その商材に興味を持つであろう人が気になる発信(勉強になる発信)」をちゃんと続けているのがポイント。

例えば「お金の稼ぎ方・マインド」や「お金持ちの世界」などを愚直に発信し続けることで、投資や稼ぐ系の情報商材を買うターゲットを惹き付けることができるのです。

たけ美
発信内容の信憑性を増すためにフォロワーを買ってブランド化してるってこと?
初期の頃はそういう手段もあると思うよ。
たけのこ
それに釣られてファンになった人が反応し始めたら、後は自然に拡散して純粋なファンもアンチも集まってくるでしょうから
たけのこ
たけ美
なるほど。

 

ダメなパターンは、発言の信憑性を上げるなど目的のあるフォロワー購入がされていないこと。

そもそも購入すること自体が良くないですが。

たけのこ
買うだけ買って、いつも通りの雑多なつぶやきをしたって無意味。そんなんじゃ誰も振り向かない。
たけのこ
むしろ、数だけあっても反応されない虚無感に苛まれることになる。
たけのこ
そもそも、価値があるならフォロワーなんて買わなくてもできるでしょうよ。魅力的で優しい人と友達になりたいのと一緒。
たけのこ
たけ美
結局、真面目に発信するのが一番リスクが低いんだね。

 

 

これは偽ブランド品を買って友達に見せびらかすような行為に近しいでしょう。

現実を直視せず、近道で称賛や人気を得ようとするとこういう形しか取れなくなりますが、頭の悪い人がやることです。

(情報商材売ってる人はちゃんと筋道が立っているので上手くやった人は頭が良いと思いますが)

 

お金持ちを羨む人は同時に「なぜ豪華な生活や高級品を買えるのか?どうやって稼いでるの?」と思います。

そこに「金持ちの思考や金持ちの行動が要因である」と説かれれば相手も「詳しく教えてよ!」となる訳です。

そして、腑に落ちれば同じようになりたいと相手の言動に注目し、いつしかファンになる。

 

アーティストや作家だってそうです。

「なぜこんな凄い作品を生み出せるのか?」から、作者の考え方や哲学、果ては愛用品にまで興味が広がるのです。

この流れを理解できていない人は「とりあえず高級品を持てば上に立てる、フォロワーを買えば注目を得られる」と勘違いをしているのですね。

 

偽ブランド品をアピールする人は「なんでそんなにブランド品を買えるんですか?」と聞かれたとき、嘘をつくしかなくなります。

「偽物だから安いんだ」なんて言えませんからね。

フォロワーを買う人も「なんでそんなにフォロワーがいるの?」と聞かれたとき、ごまかしたり嘘を付かなくてはならなくなるでしょう。

なぜなら、現状フォローされる理由が自分でもわからないハズですから。

 

他の方の考えに対して思うこと

この記事を書く前にこちらの記事を読みました。

https://norikazu-miyao.com/?p=17935

タイトルにもあるように「なぜフォロワーが多いのに反応がないのか?」の理由を書かれていますが、この状況はおかしな話です。

個人的にそんなことがあるとしたら「相互などの(自分のファンではない)フォロワーばかりorフォロワーを買ったから」と思うのが8割。

残り2割は「発信内容が変わりすぎて誰も付いてこない」「大量のアンチが監視してる」などでしょうか。

 

というのも、フォロワーの気持ちになってみれば「相手が気になるからフォローする」はずなのです。

つまり、人物そのものや発信内容に面白さ・興味関心があるからフォローされ、その数が増えた結果「フォロワーの多い人」になるのが正規のルートです。

逆に考えると、フォロワーが多いのに反応がないのは「今の今までどうやってそのフォロワーを増やしてきたんだ?」となりませんか?

誰にも反応されないような発信でどうやってフォローされるというのでしょうか?

 

そのため、最初に述べた感想となります。

ただし、相互といっても「相互アカウントで無闇につながる」か「リアルで知り合うなどで互いにフォローし合う」のは別物です。

後者であればTwitterは連絡手段としても機能しているでしょうから、反応の多い少ないをどうこうは思いません。

フォロー数とフォロワー数が同程度であれば、反応が無いことについては冒頭に書いた通りですが、別に「そういうSNS利用のスタイルなんだ」と思うだけです。

 

しかし、例えばフォロー数が200に対して、フォロワー数が5000〜などの比率のアカウントで反応がないというのは個人的にダサいなぁ思います。

なぜなら、そのような比率はもはや「その人に対して圧倒的にファンが付いている」という現状を表しているため。

芸能人アカウントの構図と同じなんですよね。

 

芸能人ではなくとも、有名なイラストレーターさんなどは上記のような比率であり、度々投稿するイラストには数百数千といいねが付いています。

当たり前ですよね、そのイラストを楽しみにしているファンが大半を構成しているのですから。

 

仮にこのような比率で本当にファンが集まっていたのに反応がない場合。

その多くは「発信者に問題があった」と見るほかありません。

先ほどのイラストレーターさんなら、絵そのものに興味があるファンはイラストレーターの個人的つぶやきにはあまり興味がないでしょう。

ということは、度々投稿するイラストを投稿しなくなったら、一部のファンは反応する理由がなくなってしまうのです。

 

ファンが反応しない圧倒的比率のアカウントを使う人は、そのフォロワー数を未練たらしく残しているように見えてしまうのです。(そういう気持ちがなかったとしても)

フォロワー達(ファン)にも「最近全然絵を上げないけど、また上げるかもしれないしリムるのは・・・ミュートにしたら見えないし」と思わせてしまうことになります。

 

これが微妙だなぁーと思う理由です。

YouTuberがメインとサブにチャンネルを分けるように、発信内容によってアカウントを分けた方がファンにも優しいのでは?と思っちゃいますね。

もちろん「ファンなんか知るか、勝手にファンになっておいて」とか思う人は好きにすればいいと思います。

 

フォロワーから反応を引き出す行為は逆効果になることも

同内容の定期ツイート(bot)や自己リツイート

タイムラインに各々の投稿が流れてくる以上、頻繁な定期ツイートや自己リツイートは迷惑がられます。

色々な人の目にふれるためとはいえ「それを何回も見せられているフォロワーがいる」ということを忘れていると、ソっとミュートされ存在自体を否定されます。

 

上司や友達が何回も同じことで自慢してきたり、知っているネタを初めて話す感じで話してきたら「それ前も聞いたよ・・・何回目だよウザ」って思いますよね。

「それ前も聞いたから」って言い返せる仲ならともかく、そこまで言える仲じゃないとストレスが溜まるはずです。

 

そもそも興味を持たれて伸びるような発信なら、投稿した時間や日時にかかわらずある程度伸びていくでしょう。

初回に5いいねだったのが、自己リツイートして500いいねになったりしないですよね。

 

そういうことです。

 

かまってちゃん的な発信を見ると萎える人がいる

「かまってちゃん」と呼ばれる人達を嫌悪している人が意外といます。

彼らは相手がかまってちゃんだとわかるとドン引きするかのように無反応になるでしょう。

 

かまってちゃんが嫌いな人- ガールズちゃんねる

下記のようなポイントが多ければ多いほどかまってちゃん気質があるでしょう。

かまってちゃんに多い特徴

  • 病気や持病のアピール(大丈夫ですか?とかの反応待ち)
  • 病んでる疲れてるアピール(大丈夫ですか?とかの反応待ち)
  • 自分の暗い過去を語りまくる
  • 「自分に自信ない」とか言ってるくせに自撮りをのせる
  • すぐ死にたいだの何だの言い出す
  • 自分以外が目立つと不機嫌そうになる
  • 他人には興味を示さない
  • 自分の興味ないものが話題になると「流行りものは興味持てない」などと言い出す
  • 内容を精査しない絨毯爆撃的いいね(自分にもいいねを返してほしいから手当たり次第いいねするだけ)
  • 自分の話ばかりする人を嫌うくせに、自分は自分の話ばかりする
  • 常にSNSに入り浸り一言発信を繰り返す
  • かまってくれない人は敵視、あるいは無関心
  • 自分の知らない話題はあからさまにつまらなさそうな顔をする
  • 辞める辞める詐欺。やるやる詐欺。
  • タレントでもないのに唐突に「みんなから○○って思われてるみたいなんだけど」とか言い出す
  • すぐ被害者ヅラする

 

もちろん人間は程度に差はあれ「話を聞いて欲しい、認めて欲しい」という気持ちを持っているでしょう。たけのこもあります。

だからこそ「いつもは普通だけど、ある時にやたらかまってちゃんになる」という二面性のある人もおり、ひと目見て決めつけられるものではありません。

ただ初対面の直感で概ね当たっている人も多いので、そういうオーラや空気があるのだと思います。

 

たけのこもふと寂しくなり「誰か、かまってほしいな」と思う時はたまにあります。

でも、取るに足らない何かを引っ張り出して周囲に反応を求めることに恥じらいがあるので、ぐっと我慢したり違うことをして紛らわしています。

恐らくみんなそういう想いを内に秘めながらも少しずつ双方向なコミュニケーションで溶かしている訳であって、そこを「お前のことは知らない、私にかまって!」となるのが許せないのかと考えます。

 

とはいえ「言わないとわからないこと」もたくさんあるので、どの程度自分を出していくのがベストか?という点が難しいですね。

 

 

まとめ

反応が欲しいなら反応したくなる発信が大切。でも。

簡単に嘘に騙される人もいるなか「それって本当なの?」と疑問を持つ人はそのカラクリに気づく確率も上がります。

SNSはそのようなノイズが多いので、いち早く見抜き余計な感情の揺さぶりを受けないように注意しましょう。

 

とはいえ、フォロワー集めや反応欲しさに躍起になっているうちは洗脳から抜け出すことはできません。

そういう目に見える数字で競争意識や嫉妬心が生まれるようSNSはできています。

 

例えばフォロワーウン万人の有名絵師などがSNSで「こんな仕事をしました!」「仕事募集中」とか言っているのを見て、その発信内容などを真似したりするのは危険です。

そもそも自分に合っていないことをすると急に変な発言や発信をしてしまうことがあります。

かまってちゃんタイプじゃないのに周囲を見て焦って「仕事募集してます〜」とかうざいくらい定期ツイートしたり、自分に合わない事をすると本当に評価してくれていた人が離れるリスクもあるでしょう。

周りはそういう人を「なんか迷走してんな〜」とか引いた目で見てるモンです。

 

結局、単純な数の幻想に取り憑かれた人は永遠に満たされることはありません。

たくさんいいねが欲しい、たくさんフォロワーが欲しいと思っている人は残念ですが、仮にそれらをたくさん得てもさらに上をみて苦しむ未来が待ってます。

たくさん得たフォロワーが減ろうものなら気が気じゃいられなくなり、本来の素直な自分はどこかに消え去るでしょう。

その結果、他人を妬んだり蹴落とすようなことをして、いつしか「本当に評価してくれた人」がいなくなります。

悪いパターンをあえて書いてますが、お金と一緒で「踊らされたら終わりの始まり」なモノだと考えます。

 

反対に「こういう人から評価されればそれでOK!数より質だね」と思える人のほうがあっという間に幸せを感じられます。

たけのこ
足るを知る人間はどんな時代でも楽しくいられる。

 

誰に認められたいかが定まっていない人は不幸になる

人と比べる癖のある人はTwitterを辞めるべき?放置にメリット大

-人間関係

Copyright© たけのこの部屋 , 2020 All Rights Reserved.