仕事を辞める時

転職に有利な時期ってある?春は転職活動におすすめなの?

投稿日:

毎年、全国各地で何万人もの人が転職を考え、水面下で活動を行っています。

そんな時「転職が成功しやすい時期ってあるのかな?」と考える人も多いでしょう。

この記事では「時期的な要因が転職活動に影響するのかどうか?」について解説したいと思います。

転職に有利な時期とは?

季節的には冬終わり〜春と秋に求人が増える傾向

結論を先に言うと、春(2月・3月・4月)や秋(9月・10月)に求人が増える傾向にあります。

というのも、年度の切り替えを目処に退職する人の後任を補充したり、年度の折り返しで新規プロジェクトの立ち上げなど人の出入りが増える時期であるため。

一般的な日本企業は3月決算が多いため、下記のように区切られます。

  • 上半期 4月
  • 下半期 10月

この月に新しい体制やプロジェクトが動くとすれば、その前には人員を確保しておく必要があります。

つまり3月や9月近辺は転職活動の穴場といえますよね。

ただし、中途採用の求人が増えるということは「転職を考えるライバルも増える」のは言うまでもありません。

 

4月5月は採用意欲の高い企業がチラホラ

また、転職シーズンが終わったあと数ヶ月は下記のような理由から「採用意識の高い企業」があります。

  • 採用した人が何らかの都合で辞退した
  • 募集予定人数を満たせず、人員不足

スタートまでに予定していた人員が集まらないと、進行に影響が出てきますよね。

企業側は急いで補充したい気持ちがあるため、募集当初より採用へのハードルが低くなっていると言えるでしょう。

 

求人が多くても転職に有利とは限らない理由

前述した通り「ライバルが多い」以外に、自らのキャリアが問題である可能性もあるため。

いくら転職活動に適した時期とはいえ下記の場合だと苦戦を強いられやすいでしょう。

  • 勤続年数が短い
  • 年齢によるハードル
  • 未経験(実績不足)

勤続年数が少ない人は時期がどうこうの前に「年数を重ねる」ことが重要になってきます。

日本でも未だに「すぐ辞めた人=何か問題がある。根性がない」などの印象を持たれやすいもの。

勤続年数の長い人と比較したとき、同じくらいの人物像であれば年数のある方が選ばれやすいのですね。

 

また、年齢によるハードルも職種によりけりで存在します。

自分の望む業界と、そこへ転職するハードルが高くなる目安年齢を考慮して行動する必要があるでしょう。

 

転職活動前に知っておきたいポイント

ボーナスが貰えるなら貰ってから退職するのが一番

一般的に賞与(ボーナス)が貰える場合、貰った後に退職するのが理想的です。

会社にもよりますが、ボーナスの支給時期は下記を参考に。

  1. 夏のボーナス・・・6月下旬から7月初旬
  2. 冬のボーナス・・・12月中

 

キャリアップのための資格は在職中に取得してから転職活動へ

転職に有利な時期を意識しすぎて、資格取得途中で退職してしまうのはあまり良い選択とは言えません。

転職先へのアピールも「取得勉強中」と「取得済み」では全然印象が違います。

「取得勉強中」なら変な話、誰でも言えますからね。

また、転職活動を行いながら資格取得の勉強を同時に進めていくのは大変です。

転職に際して資格を取得しようと考えているなら、取得した後に転職活動に望みましょう。

 

クレジットカードや住宅ローンの申請も在職中に済ませておくのが理想

クレジットカードや住宅ローンなど審査が必要となるものは総じて「勤続年数」を考慮されます。

転職後の申請になってしまうと勤続年数が足りず、思わぬマイナス評価を被ってしまう可能性もあるでしょう。

ちなみにサラリーマンからフリーランス(自営業)になる人もこのタイミングでクレジットカードを作っておくよう勧められていますね。

特にある程度審査の厳しい銀行系のカードは転職前のタイミングで持っておきたいところ。

 

さいごにひとこと

最も転職に有利な時期は「自分が転職意欲や自信を持てる時」

大切なのは転職に有利な時期を「求人数の多さ」で考えるのではなく「自分自身のコンディション」で考えること。

勤続年数や仕事での実績、キャリアップのための資格取得などが出来て「いま、このタイミングなら自信がある」と思える時が一番転職に有利であると考えます。

「自分の転職はうまくいくだろうか?」と気弱になっていると、それは相手(企業の採用担当者)にも伝わってしまうもの。

 

イマイチ転職に自信が持てない場合は、有利な時期など気にしないで在職中に自信を付けていきましょう。

当サイトが少しでもそのサポートになれば幸いです。

-仕事を辞める時

Copyright© たけのこズドン , 2019 All Rights Reserved.