自分の魅せ方

高見えプチプラを信仰する人が見落としている「高く見える」の前提条件

投稿日:

安くて使える費用対効果の高い製品は昔から多く人達の支持されていますが、ここ数年はさらに「高見え」という視点も加わってきました。

高見えとは「安いのに高く見える」のこと。

ファストファッションやプチプラコーデなるものが支持されていくなかで「安く見えないことへの執着」が強い人も増えたようです。

しかし、(全員とは言いませんが)高見えを意識する人たちが見落としている前提条件があります。

「思考」と「ふるまい」が人を高く見せる

"高見せちゃん"が高く見られていない理由

全身高級ブランド品でモノは良い服を着ているはずなのに「なんかダサいし、鼻につく感じ!」と嫌悪しちゃう人っていませんか?

そういう人って「高級ブランドアピール」や「俺(私)すごいアピール」が言動にも雰囲気にも出ちゃってるんですよね。

ここはきっと共感してもらえる気がします。

 

で、ファストファッションやプチプラで高見せに躍起になっている人はどうか?と言うと、私は似た空気があると感じます。

限られた選択肢の中で「これは高そうに見えるからアリ、これは価格通り安っぽいからナシ」という基準に"自分"というものが見当たりません。

これでは「高級ブランド着てればオシャレじゃん!」とのたまう勘違いと何が違うのでしょうか?

(すみません煽ります)

いわゆるファッショニスタ(笑)のブログやらインスタを見て「ユニクロに見えない!買わなきゃ損損!」と急き立てられ買う服はどこか明後日の方向を向いています。

たけのこ
高見せにこだわる人が「痛い」とか「うざい」って声もあったよ

 

モノを選別するための考え方が既に安っぽいと思われても仕方がありません。

「確かに高く見えるかもしれないけど、これは私には合わないし好きじゃない」という視点があるなら別です。

 

人々が言う「持ち物が高く見える人」というのは、自分の好きなスタイルや感性に「価格」を持ち込まないことを貫いているからカッコイイのです。

良いと思ったらお金を貯めてでも惚れたアイテムを買う。

安物でも自分が気に入ったのなら堂々と取り入れる。

彼らは決して「プチプラの中で」とか「ファストブランドで」なんて条件は課していません。

ただ、たまたま気に入って選んだものがプチプラだったり、ファストだったりしただけです。

 

そこを勘違いして「プチプラでも高く見える」とかっていうのは服以前に「思考が安っぽい」のです。

(馬鹿にしたい訳ではありません。私が過去に会った「素敵な人」を分析した結果こういう風に考えたということを伝えたいだけです。)

 

騒がしい人と落ち着いた人、どちらに品を感じるか

言わずもがな、落ち着いた人に品を感じるでしょう。

決して頑張っているとは思えない格好なのに、受け答えや表情、動作といった「ふるまい」に品のある人はそれだけで魅力的です。

そういう人がそれなりの装備をすれば「高く見える」ものです。

 

よく「ヤ○ザの人達は地位の高い人ほど腰が低くて丁寧な対応をするが、下っ端は威張り散らすばかりでいかにもチンピラっぽい」という話を聞きます。

地位が高くなるほど人間に磨きがかかり、一般社会で威を張る必要がなくなる、とイメージしましょう。

引用:Yahoo!知恵袋

両者を比較してみれば、貫禄が出るのはやっぱり前者ですよね。

貫禄のある人は普段から大声で騒いだりしませんし、物腰も柔らかく知的な印象を与えるでしょう。

 

つまり、いくら高見えするアイテムで着飾っても下記のような人は存在が高く見えないので無意味です。

注意ポイント

  • 友達とカフェやどこかでギャーギャー人の噂話や悪口で盛り上がる人。
  • 何を見ても「安い」や「高い」と価値の判断が価格でしかできない人。
  • 周りの意見にたやすく流され「自分はどうなのか」を考えずに生きてきた人。
  • すぐ感情的になり騒ぎ立てる人。
  • 日常的に言葉遣いが汚い人。
  • モノを大切に扱わない人。(投げたり、汚れても気にしないで放置するなど)
  • 1つ1つの動作がうるさい人。(足音がうるさい、ドアを静かに閉めない人など)

「こんなのあなたの考えでしょ?」と思われるかもしれませんが、そうですその通りです。

しかし、上記のポイントに引っかからない人は素敵ですよ。間違いなく。

 

高見え=買い物上手ではなくむしろ下手

「値段より高く見える=だから買うべき」は発信側の落とし所

ファッションブログやSNSで発信している人たちはファッションがメインコンテンツです。

しかし、フォローしてくれる人たちの懐事情は多種多様ですから「みんなに高級品を勧めるなんて無理だし、再現性の低いものだとフォロワーが離れちゃうかも」と考えるでしょう。

 

また、(ファッショニスタは)高級品の品質が良いのはわかっていてもそればかり発信していては自分の懐が持ちません。

つまり「安物でも高そうに見えるアイテムをネタにすれば続けやすいし反応も良さそうじゃん!」と。

発信側にも都合の良いネタなのですね。

 

しかし、「高そうに見える」というのは数値で図れる訳ではなく個人の主観です。

とはいえネタとして美味しい以上「ぶっちゃけ質感は価格相応だけど、高見せアイテムとして紹介しとくか」なんて妥協もあるでしょう。

そのような情報発信のキラーワードは「このアイテムがコスパ◎」とか「今買うべき」とかになります。

それを真に受けて「今買っておかないと!」みたいになるのが違うんですよ。

 

よく健康系のテレビ番組で「身近な食材に秘められた驚くべき健康パワーを発見!」とかって紹介されると翌日スーパーでそれが売り切れるってことあるじゃないですか?

こういう買い方をして、それから日常的に摂取し続けている人って少ないはずです。

「美味しいから好き」って気持ちよりもまず「健康パワーにあやかりたいから」って思考じゃないですか。

 

食品なら食べれば栄養になるからともかく、ファッションをそういう感覚で買っちゃうと結局うまくいかないと思うんですよね。

 

さいごに

「高級品以外はゴミ」「プチプラだけでも十分高見え」どっちもどっち

人間どちらか極端に寄った方が考えなくて済むから楽なんです。

しかし、自分であーでもないこーでもないと考えて選ぶ、その選択に自信と喜びを持つからこそ個性が出てカッコよくなっていくのではないでしょうか?

高見えに躍起になる人が憧れているのはきっと、そういう人なはずです。

たけのこ
と、服を着ないたけのこがなんか言っております。

-自分の魅せ方

Copyright© たけのこズドン , 2019 All Rights Reserved.