人間関係

成功する人と成功できない人の考え方・思考

投稿日:

成功する人と成功しない人の差はどこにあるのでしょうか。

ここでの成功とは「自分のやりたいことや夢・目標を達成できた=成功」として書いています。

成功する人と成功できない人の思考構造

成功できる人はゴールが明確だから行動も的確

成功を掴む人は「これがしたい!だから自分に必要なことはこれだ!」とゴールから逆算して行動します。

「成功=やりたいことができた時」なので、式が明確ですしうまくいく可能性も軌道修正でどんどん上がります。

 

しかし、成功できない人はそもそも「これがしたい」からの動機ではなく「なんとなく安定したい」や「とりあえずお金が欲しい」というフワフワした理由でスタートします。

だから「業界の未来がどうなのか?」や「儲かるのか?仕事になるのか?」といった疑問や不安ばかりが募ります。

こういう思考ルートが愚問を生みます。

そのうえ、そもそも安定やお金がないならやりたいとも思わない事だったりするため、意思も弱くすぐ諦める傾向にあるでしょう。

だからこそ「失敗したくない」というマインドが強化されていくのです。

 

成功する人が「失敗してもOK!失敗したらそのぶん成功までの道のりへ近づいた」と前向きに思えるのはこの前提が違うからです。

成功できない人は「失敗しない安定感のある未来」がゴールなので、そこに行き着くまでにも失敗できないという難易度が鬼レベルの精神設定で人生に望んでいるということ。

 

マリオで言えば「敵も倒さず、歩かず走らずジャンプはもちろん空も飛ばずにゴールする」という謎のマイルールで全クリを目指しているようなもの。

彼らが望むのは最短最速でゴールできる「瞬間移動」しかあり得ないのです。

 

成功できない人は詐欺師を成功に導く(カモになる)

よく考えてみて下さい。

失敗せずに最短最速の成功(のような状態)を掴もうと思うと、前述した「瞬間移動」みたいな摩訶不思議なものしかなくなるのです。

それってつまりどういうことか?

ポイント

  • 恋愛経験ナシ底辺童貞なのに女性がどんどん寄ってくる!出会うならこのアプリ!
  • 初心者でも放置で毎月不労収入!AIまかせの完全投資マニュアル
  • 食事制限も運動もなし!楽してスリムボディになるならこの方法!

 

そう、騙されるんです。

そういう「苦労も失敗もなくいきなりのし上がっちゃうには?」みたいな人に響くものって詐欺師の得意分野ですからね。

 

別に詐欺師の肩を持つ訳ではありませんが、違う視点から見ると詐欺師も「人生早めにアガりたい」というゴールから「じゃあ地道に稼ぐよりカモに利益率の高い商材売りつけて手っ取り早く荒稼ぎ」っていうゴールからの思考と行動なんです。

だからそのために必要な努力は欠かしませんし、相手から信頼されるよう振る舞いや喋り方なども徹底的に磨き上げます。

 

詐欺師のスキームって実はかなり複雑で面倒なことが多かったりします。(その分利益とリスクも高い)

つまり、めんどくさがりや考える事を放棄した人には務まらない事が多いのですね。

怠け者はだいたい金で買われて「リスクヘッジ要員(捕まりそうな時の身代わり)」として使われます。

 

詐欺師は目的達成ために同じ努力をするなら効率的な方と詐欺的な行動をしているだけで、普通のビジネスをやっても優秀な人が多いのです。

(だからといって詐欺はダメですけどね)

 

成功できる人は視点を変えて考えることができる

成功できる人の思考回路として「成功のために考えられるルートを調べ上げ多方向から綿密に精査する」が挙げられます。

先程の胡散臭いコピーを改めて見てみましょう。

ポイント

  • 恋愛経験ナシ底辺童貞なのに女性がどんどん寄ってくる!出会うならこのアプリ!
  • 初心者でも放置で毎月不労収入!AIまかせの完全投資マニュアル
  • 食事制限も運動もなし!楽してスリムボディになるならこの方法!

このような謳い文句を見たときに「怪しい」や「本当に?」と思うよりはむしろ湧き出てくる疑問を多方向に広げていけるのが成功する人の思考回路です。

例えばこのように考えます。

 

■恋愛経験ナシ底辺童貞なのに女性がどんどん寄ってくる!出会うならこのアプリ!

→女性が男性に好意を抱くポイントに共通点はあるのか?(あるならそれは何か?)

→顔の見えないアプリで相手に好意を抱かせるには何を意識すべきなのか?

→恋愛経験ナシや底辺童貞と聞いて女性はどう思うのか?

→出会えるアプリ=出会いたい女性がたくさんいる=このアプリはどうやってそんな女性を集めているのか(他のアプリとの違い)

 

■初心者でも放置で毎月不労収入!AIまかせの完全投資マニュアル

→AIにまかせて不労収入が得られる=マニュアルを買った人全員儲けているということか?

→AIがミスしたり暴走した時に無知な自分じゃどうにもできないのは恐怖ではないか?

→なぜマニュアルを初心者に売ろうと思ったのか?(自分で独占すればいいのでは?)

→投資において初心者と上級者の違いは何か?

→なぜ投資上級者は自分で稼ぐことができるのか?

→なぜトレーダー・投資家という職業があるのか?(職業であるということはギャンブルじゃないのか?)

 

■食事制限も運動もなし!楽してスリムボディになるならこの方法!

→そもそもなぜ人間は太るのか?

→自分のエネルギー消費量より毎日生み出されるエネルギーが少なければ自然に痩せるのでは?

→健康的に痩せるとはどういうことか?

→痩せすぎや太り過ぎがあるなら適正体重があるのでは?

→痩せることで自分はどんなメリットを得られるのか?(+あるとしたらそれは本当に痩せたおかげなのか?)

→楽しく食事制限や、楽しく運動を習慣化するために必要なことは何か?

 

むしろ「怪しい」や「本当?」という次元を超えて違うことに興味関心を持ち始めたかのように思えますよね。

このように疑問を膨らませた結果、騙す側の理屈や意図にまで到達してしまうためウソであることを見抜いてしまいます。

つまり、騙す側の気持ちを理解してから「あーこうやって人を騙すのね、なるほど。」と納得して、自然とフェードアウトするのがポイント。

 

時に哲学的な疑問を生み出すのも成功者にはよくあることだそうです。


成功する人はみんな《逆》に考える

 

「どんな美味しい話も信じない」という訳ではない

成功する人が信じるポイントは下記です。

  • 成功するかどうかは運や個人の頑張り次第(つまり誰でもできる!みたいなのは信じないというかそこに関心はない)
  • 個人の頑張りで成功の確度を上げられる要素がある(ギャンブルでも分析できる競馬や競艇ならOK、買うだけの宝くじやスクラッチはやらない)
  • 一般大衆には流れない情報の存在(=一般人が知っている、知ることができる時点でさほど価値がない)
  • 普通に生きて成功するのは難しい(何かを成し遂げるのに上下の振れ幅やリスクがあるのは仕方ないと思っている)

 

よく成功する人は「人の逆を行く」と言われますが、これは「大勢の人と同じようにやったらみんな成功してないとおかしいじゃん」という理屈です。

つまり「大勢は成功しない方向に歩いているからその逆を行けば可能性がある」という風にも考えられます。

 

よくビジネス番組などで「起死回生の一手は多くの人が見向きもしなかったところにあった」と解説されたりします。

しかし、普通に考えて「誰も見向きもしない=価値がない」と判断もできるため、このあたりが紙一重だと言えますよね。

だから失敗するのは仕方ないですし、失敗すればするだけ確度が上がっていくとも言えます。

 

また成功する人は前提として「トレードオフの関係」を理解しています。

それは「何かを求めると何かを手放す必要がある、全ては抱えられない」ということ。

 

たくさん働いて稼ごうと思えば、お金を使う時間も恋愛する時間もなくなります。

逆にお金を使って遊んだり、恋愛にのめり込むとお金を稼ぐ時間や考える時間を作れなくなりますよね。

 

目的を達成するために必要の無いことは手放すべきだとわかっているため、必要に応じて友達や家族との関係すらも切ります。

だらだらと昔の付き合いを続けることが悪影響となるならバッサリ切ってしまえるのが成功する人の強みとも言えますね。

 

成功者の話を聞いたり本を読んでも成功できない理由

思考回路が違うから

よく「マインド」などと称されるのがソレです。

成功者と、成功していない人とでは物事に対する受け取り方や自分自身に対する価値判断がまるで異なります。

 

例えば成功者はとにかく自信があります。なぜなら過去に成功した体験があるから。

過去の成功にすがって失敗する人も数多くいますが、成功者は失敗してもマインドが変わらないのでまた復活するのも特徴なのです。

 

とある経営者は「何度倒産しても全然怖くない。何度でも復活できる。」と言います。

これが事実かどうかではなく、こういうマインドであることが成功者のステップとして不可欠といえます。

 

具体的に言えば「どうせできない」や「絶対ムリ」という諦めの思考や言葉を毛嫌いしている人も多いです。

「何を根拠に絶対ムリだと思うのか理由を述べよ」と言いたくなってしまうのでしょう。

また過去の自分が「無理じゃないと思い続けたから成功できた」と思うならなおさらそんな思考は理解しかねるのです。

 

成功者になるためには成功者の思考を理解し自然と「共感できる」レベルになることが重要です。

つまり、成功者の本などを読む暇があるなら「何かしら成功体験を作るべき」という話になります。

 

そして、恐らくその成功体験は非常に泥臭い行為の果てに得られることが多いでしょう。

そのため「自分がやりたいと思うこと、絶対成し遂げたいこと」じゃなければ大体途中で挫折します。

 

成功者がスマートに見えるのは結果だけを見ているからであって、その裏には面倒&ダサい&地道&辛いといった工程が隠れていたりします。

しかし、それらをひっくるめて「楽しい」と思えるなら成功するのも不思議ではないと思いませんか。

 

さいごに

精神論を捉え誤り馬鹿にする人は成功できない

よく精神論や根性論みたいなものを「気持ちだけでなんとかなるかよ!そんなん古いわ」と完全否定する人がいます。

気持ちはわかりますが、精神論や根性論を「古い考え方」といった捉え方をしている人にとても疑問を抱きます。

 

何事においても大事なことは「論理的思考とそれを支える強い精神の両立」であって、論理的思考が出来てもメンタルが豆腐だと意味がないのです。

成功者は「論理的思考と精神・根性の両立できている人」or「精神・根性のある人」のどちらかしかから生まれません。

前者はともかく、後者も「数撃ちゃ当たる」というマグレでも成功を撃ち当てる可能性がある訳ですから。

その成功に甘んじることなく論理的思考も備えれば結果的に前者となります。

 

しかし、論理的思考だけで精神や根性を軽視する人は行動ができません。

リスクを取る場面で物怖じしてチャンスをふいに逃したり、周囲の目や恥じらいなどから見逃し三振を繰り返します。

とはいえ論理的思考は出来るので口だけは達者なのです。

世の中ではそういう人間を「行動できずに高みからモノを言うだけの評論家」「知識だけの頭でっかち」などと言いますよね。

 

なぜ彼らは「自分が行動できるようになるには?」と論理的に考え答えを出すことができないのでしょうか?

それは論理的思考だけでは踏み入れない領域が存在し、そこが人間の行動力を左右しているからです。

-人間関係

Copyright© たけのこズドン , 2019 All Rights Reserved.