人間関係

値切る人は嫌い?みっともない値切り方に共通すること

投稿日:

誰もが一度は値切ったり値切られたりという経験はあるのではないでしょうか。

商売のみならず、ちょっとした個人間のやりとりで体験した人も多いはずです。

昨今ではフリマアプリが浸透し個人売買が活発になった反面「値切る奴がいすぎて疲れた」などの愚痴もチラホラ聞きます。

ここでは「みっともない値切り方と、うまい値切り方の違い」について考えてみたいと思います。

みっともない値切り方は何がどう違う?

「◯◯円までなら出せる」の意味が違う

みなさんは「これくらいなら出せる」という言葉をどう捉えますか?

多くの場合、2つの解釈があると考えられます。

  • この商品の重要度や品質などであれば、◯◯までは出せる
  • 個人の自由に使えるお金の上限値から、◯◯までは出せる

共に「これくらいなら出せる」という言葉の範疇に収まりますが、意味がぜんぜん違います。

 

前者はモノ自体の品質に対する相場、個人的な必要性などを考慮した上での計算といえるでしょう。

たけ美
(私のふところ的には)文房具に1万円くらいなら出せるけど、別に書ければいいし100円のボールペンで十分かな

 

後者はモノの相場や品質などを考慮されておらず、単に自分の使える額の上限を伝えているだけです。

たけ美
1万円????今月は1000円しか余裕がないからどう頑張っても1000円以上は無理!!!!

 

つまり、前者の視点でモノを見ている人は、金額が高いと思っても相応の品質やメリットがあると感じたら素直に買う傾向が高いといえるでしょう。

その上で販売側が利益を乗せすぎている(客を見てぼったくってる)と思えば「負けてもらえないだろうか?」と値下げ交渉を図ります。

あくまでモノ自体の相場から不可解に離れすぎているため「その差を修正してくれたら買う」とお願いしているに過ぎません。

そのため販売側が利益度外視(赤字覚悟)で売っているモノについて「もっと下げろ!」と死体蹴りするような人はこの視点の人には少ないでしょう。

このような見方ができるということは、その商品分野の裏側の事情もちゃんと知っていて、売り手側の気持ちも推し量れるということになります。

 

反面、後者の視点ではモノの良し悪し以前に「自分はこれしかお金がない」が優先された上での言動となります。

相手がどうとか商品がどうとかではなく「これしかないからお前が合わせろ!こっちは客だぞ!売りたいんだろ?」という身勝手極まりないもの。

見栄張りな貧乏人がこうなりやすい訳ですが、お金がなくても自らの懐事情を知り「足るを知る人間」はこのような事はしません。

そういう人は「すばらしい品物ですが私にはとても似合いません」と言える強さがあるため。

特に文句も言わず、そっとその場から離れていくでしょう。

 

 

みっともない値切り方の本質はモノの良し悪しも知らず、相手の事情を考慮せず、自分の都合だけを押し付けた値切り方です。

 

そういう人がいたら「なんで高いと思うの?その理由は?」と聞いてみるとよいでしょう。

きっとロクな答えが出せず「いや、◯◯って普通これくらいでしょ」などと、なんとなくの印象でモノを語りだします。

 

モノの良し悪しや他との違いが分かる人は「◯◯に価値を付けて高級路線で売り出しているんだろうけど、私はその価値に魅力を感じない」と相手の意図を考えた上での説明になるはずです。

そしてお金を出すに値する価値を感じたなら、不必要に値切らないのが特徴。

つまり「値切ってくることを想定したような値付けにしか反応しない」から互いにスマートであり、売り手も変にイライラしないのです。

彼らは海外の露店商売人が「モノを知らないからと観光客価格で売りにきてる」ことを知ったのなら、欲しいものがあれば値下げ交渉をすることもあるでしょう。

 

 

みっともない値切り方をする人は生活レベルが合ってない

そもそも自分の手の出せる範疇で買い物をして生活していれば値切りなど不要です。

高級ブランドなどを望まなければ同じ用途の製品が何十分の1という価格で買えます。

あるいはお金を貯めてソコソコの品物を新品で買えば安物買いの銭失いにはなりません。

 

フリマアプリなどを見ていると、高価なブランド中古品などに「◯◯円になりませんか?」などとドン引きする値下げ交渉を入れている人もみかけます。

そういう人は持つ資格がないモノを持ちたいという見栄が強すぎてるので、色々踊らされていますよね。

それでもそれを持ちたいと思うのは周囲に対する劣等感や虚栄心が強く作用しているのでしょう。

 

「売り手の言い値で買えないならそもそも客になる資格がない」のです。

高級ブランドだってそんな見栄張り貧乏人に持ってもらいたくないでしょう。品が下がります。

 

「安く買えればラッキー」はたしかにありますが、それが当たり前になった途端に下品になります。

大切なことは「品質と値段が相応か」と「相手と自分の懐事情のバランス」を考えることです。

 

販売側だって生活があるのですから、提示した価格で売れれば嬉しいに決まってます。

逆に安く買い叩かれたら気分も悪いでしょう。

こんな当たり前の事を考えられない値切り方をする人であれば、変な情は持たずに関わらないのが一番です。

安さに命を懸ける底値買いマニアと、質にお金を払う富裕層、どちらと取引を望むでしょうか。私は商品やサービス内容で判断し、さらに高くても買ってくれる後者を選びます。

引用:価格と客層の関係。高いものを選ぶ富裕層の考え方

 

さいごに

客をふるいにかける有料化が登場する昨今

イベントなど「無料にすると変な奴が来るから、(無料でも良かったけど)わざと有料化してる。」という人もいます。

無料化によって知名度を得る手法もありますが、やはり「タダだから」で寄ってくる人はあまり良い客にはならないようです。

 

たけのこ個人としては「自分だけ損したくない・周りと同じでいたい」とメディアや周りの人に扇動されて動く中身の無い人が問題であるように思います。

収入が少なくても、お金を貯めて長く使える品物を吟味する人は素敵だと思いますし、そういう人は不要に値切らない気がします。

 

商売でもなんでも、そういう価値判断基準をしっかり持っている人だと良い関係を築けそうです。

-人間関係

Copyright© たけのこズドン , 2020 All Rights Reserved.