転職の疑問

副業禁止の会社でバレずにこっそり稼ぐ方法はあるの?

更新日:

副業禁止の会社に勤めている方で給料に不満があると「副業で稼ぎたいけど・・・バレたらどうしよう」と悩んでしまいますよね。

「なんとかバレずに副業する方法はないのか!」と考える人も多いですが、答えはほぼ出ています。(それも何年も昔から)

この記事では「そもそも何故バレてしまうのか?」から解説したいと思います。

なぜ副業がバレてしまうのか?

住民税からバレる

一般的な企業のサラリーマンであれば、住民税は給料から天引きされています。

多くの人はその会社のみから給料を貰っているため、会社が年間で支払った給料から住民税が決定され、決定額が毎月の給料から天引きされていくのですね。

このように会社が税務処理を代行してくれているお陰で煩雑な会計を個人で行う必要がありません。

しかし、ここで副業としてアルバイト(給与所得)を始め稼いでいくとどうなるでしょうか?

 

原則として税務署側からは個人の給与所得は全て見えていますので「会社の給料」と「副業の稼ぎ」があることを把握しています。

そして、どちらも給与所得であるため、合算された住民税が本業の会社へ報告されるのですね。

すると明らかに金額が合わないので「ん?副業してるなコイツ」となる訳です。

 

給与所得じゃなくて雑所得ならいいのか?

所得には「給与所得」以外にも「事業所得」「不動産所得」「譲渡所得」「雑所得」があり、主に副業で稼ぎたいと思う人がやれることは大体「給与所得」か「雑所得」となります。

給与所得は先程のように合算されてバレる可能性が高いのですが「雑所得」ではどうでしょう?

  • オークション転売(メルカリ・ヤフオク)
  • アフィリエイト
  • ハンドメイドのネット販売
  • クラウドワーキング(イラストや記事ライター、デザイン等)

これらはどれも雑所得となりますが、雑所得は売上から経費を除いた所得が年間20万円以上となれば確定申告の義務が発生します。

20万円以下なら申告する必要はありません。(年末調整をしている会社員だけ)

しかしこれは「所得税の話」であって、年間20万以下でも住民税の申告は必要となります。

 

一般的に確定申告をした人のデータは連携して市区町村にも送られるため、改めて住民税の申告をする必要ありません。

ですが、年間20万以下の所得で所得税を免れた人は確定申告していないため、別途住民税の申告が必要なのです。

 

ちなみに確定申告をした場合、住民税の納付方法を「給与から天引き」と「自分で納付」を選ぶことができます。

しかし、本業の住民税と別納できるかどうかは市町村にもよるうえ「役所の人が間違えた」など人的ミスがあるとバレない保証ができません。

どうしても気になる人は管轄の市区町村に問い合わせてみるのが一番ですね。

 

また、雑所得の考え方の一例も下記に記しておきます。

【確定申告が発生するパターン】

去年からハンドメイドアクセサリーの販売で副業を始めたAさん。

今年に入り順調に売上が伸びていき、月3万円の売上を安定して作れるようになりました。

年末に計算してみたところ年間売上は「3万円×12ヶ月=36万円」という結果。

アクセサリーを作る経費としては、材料費や梱包資材代などで年間10万円かかりました。(それらを証明する領収書や帳簿が必要です)

年間売上36万円-経費10万円=所得26万円となり、Aさんには確定申告の義務が発生しました〜。

 

鋭い人だと「じゃあ経費を積みまくればいくら売り上げても20万円以内にできるじゃん!申告不要いえーい!」と考えてしまうかもしれません。

これがいわゆる「経費水増し」という脱税行為ですね。

経費水増し無申告を決め込んでも、はたから見れば「売上はあるのに申告してない奴」に見えます。

あまりにも不審なレベル(月数十万とか稼ぎ始める)までくると「おまい、申告してないけどなんで?」と探りが入るでしょう。

そこで「赤字だからだ!(水増し経費の領収書や帳簿ドン!)」と証拠を見せて納得させられたらOKですが、そういう人は大体突っ込まれて完敗するでしょう。

脱税は基本バレるのでちゃんと申告しましょう。

 

そして「難しいことはわからないよ!」と確定申告の義務があるのに放置した場合、無申告で過去数年分まで調べ上げられ請求されます。

このとき無申告+延滞も加わるので結構な額となるでしょう。

 

顔出しや実名活動でバレる

  • ユーチューバーになって顔出し動画を出していたら、同僚が偶然見つけてバラされた
  • イベントで出店していたら同僚や上司が来てバレた

意外とこのようなバレ方もあるものです。

また、狭い業界だと「違う会社にいる友人の上司がうちの上司と繋がっている」などはよくあること。

友人にふと話したことが巡り巡って上司の耳に入るなんてことにも警戒する必要はあるでしょう。

 

自らの言動でバレる

例えば副業を優先して本業がおろそかになったりすると「様々な疑い」を掛けられます。

また、ふと緩みが出て会社で副業の調べ物をしたり、出社前や休憩中に副業の行動(買い物や、売れた商品の発送など)を行うと勘付かれる可能性大。

 

サラリーマンにとって副業時間は休日か退社後の数時間のみ。

本来余暇である時間に副業をするということは休みがないのと同じなので、精神的にも肉体的にも疲れが溜まりやすいでしょう。

なるべく「息抜きの趣味であり、稼げる副業」のほうがよさそうですね。

 

会社にバレない副業ってないの?

住民税がクリアできれば雑所得系は問題なし

先程書いたバレる理由では主に「住民税」の問題がありました。

そのため、本業の住民税とは別に副業の住民税をしっかり分けて支払えるのであれば、特に問題はないと言えます。

 

そして、筆者は1つ疑問を呈しておきたいと思いました。

今のご時世、副業といえば「ネット副業」が盛んですが、ネット副業での収益の受け取りは基本「銀行振り込み」などであるため必ずデータとして痕跡が残ります。

特に企業から支払われた場合、支払いを証明する支払調書も税務署に送るので個人の収入は筒抜けでしょう。

 

ですが、例えば「ハンドメイドイベント」や「同人誌即売会」など「個人と個人のアナログなお金のやりとり」はどう把握するのでしょうか?

はた目で「明らかに稼いでるやろ」って人気コスプレイヤーさんや人気サークルのような場合、税務署は確実に目を光らせているでしょう。(きっと現地調査まである)

また一部では同じ作家同士からの通報や密告などもあるようです。

しかし、そのレベルには無いけどポツポツ売上が立ってまぁ儲けちゃってる人達はどうなんですかね?

 

お客さんはお金の代わりに品物を得ますが、基本サークル側はレシートなどを渡しません。

となれば、それは友人との間で「このゲームいらないなら1000円で売ってよ!」「いいよ〜じゃあ1000円ね〜」というやり取りの積み重ねと何ら違いがありません。

つまり同人誌やハンドメイド品を買った全員からウラを取れない限り「(正確な)売った証明・売れた証明」ができない点はどうなるのでしょうか。

 

税務署も日本中の全ての経済活動を監視することはできません。

となれば最優先すべきは「とっ捕まえて税金をたくさん取れる大物」を捕まえた方が税収は増える訳ですから、見過ごされている部分は存在するのでしょう。

税務調査は追徴で税金が取れそうなところに行くんです。税務署の人も暇ではないので、行っても意味がないところには行きません。
元々赤字だとか黒字でも利益が数十万ぐらいなら調べる手間の方がかかるのでまず来ません。

儲かってそうなのにずっと赤字だとか、赤字申告していても実は脱税して陰でボロ儲けしてる、ような噂が立ったら来るかもしれません。

引用:税務署は雑魚を相手にしない。という話をききました。 | ヤフー知恵袋

ですが、同人業界やハンドメイド業界も今や企業レベルの運営がなされているサークルもあるため、何かしらの監視対策は行われると考えられます。

税務署もやるとなれば客に扮したり、事前にツイッター、pixivアカウントから動向を追跡するなどいかようにも動いてくるでしょう。

 

同じく疑問に思う人がいると思ったので触れてみましたが、変な事は考えずちゃんと申告するに越したことはありません。

誤解のないよう書いておきますが、これら内容は「申告しなくていい理由」「バレない理由」として挙げているものではなく、同じ疑問を抱いた人への個人的な見解であり注意喚起です。

売上が上がったのであれば、しっかり計算して申告することが今後の活動にも役立つでしょう。

 

あと、同人誌即売会・創作イベント売上などを申告するために税理士に依頼がどうのこうの言う人もいますが、その程度なら一人で可能ですし自分で処理できた方が圧倒的に良いです。

(数百万とか売り上げるなら別です)

確定申告は面倒くさいと嫌われがちですが、一年の成果を振り返ることができる貴重な期間。

今はネットで書類を作成できるサービスが多々ありますが、わかりやすさで圧倒的オススメはfreee(フリー)です。

無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

私は有料会員となり使っていますが、無料会員で自動仕訳の操作を覚えていけば自然と知識も付いていくでしょう。

特にfreeeは電子申告が素晴らしく、確定申告を全てネットで完結させることが可能。

確定申告期間の税務署の大混雑を体験している身としては、これほどまでストレスフリーになれたサービスはありません。

 

時間のない会社員におすすめ!副業の選び方

いざ副業をやろうと思っても、とてつもなく時間がかかったり「稼げるけど数十円」じゃ副業とは言えないですよね。

実際よく言われる副業には下記のようなデメリットもあります。

  • ブログアフィリエイト・・・記事をたくさん書かないとならず時間がかかる、ネットの知識やライティングスキルも必要。
  • ユーチューバー・・・タレント性か企画力がないと再生数は僅か。動画編集スキルも必要。
  • クラウドワーキング・・・既にプロが大量にいる(イラスト・デザインなどは素人レベルでは勝ち目がほぼゼロ)
  • アンケートサイト・ポイントサイト・・・単価が安すぎ(数円数十円)て換金までに時間がかかる
  • ハンドメイド販売・・・モノを作る必要がある(=ものづくりが好きでかつ「売れるモノ」が作れないと苦痛)

どうでしょうか?

ネット副業は探せば色々ありますが、どれもが「副業と呼ぶにはハードルが高い」のですね。

サラリーマンはとにかく副業に当てられる時間が少ないのです。

少ない時間で売上を作るためには「売れるモノを仲介して差益を得るせどり」が一番効率的だったりします。

 

せどりって稼げるの?メリットとデメリット

せどりとはそもそも「本の背取り(背表紙のこと)」が由来です。

つまり価値のある本を見定めて「安く買って高く転売する」といったビジネス。

しかし、古本だけを指していたのは昔のことで今は何を取り扱っても「せどり」と言ったりしますね。

 

またの名を「転売ヤー(転売屋や転売とバイヤーを掛けている)」とも言いますが、こちらはあまり良い意味で使われません。

例えば人気アーティストのライブチケットを転売目的で狙ったり(ダフ屋にあたるため犯罪です)、人気のおもちゃやゲームを転売目的で買い占める人がいるため転売行為自体あまり良く思われていないのが現状です。

 

しかし、転売は世の中では普通に行われていること。

例えば「メーカーから大量購入で安く仕入れた商品を自分のお店で販売する」のも一種の転売と言えますよね。

では何故小売り販売は良くて、転売はダメなのか?

 

(あくまで個人的な見解ですが)転売ヤーが嫌われる原因は「ブームで品薄になるのが予想できるモノをどうにか買い占めて高値で買わせよう」という戦略が見えてしまうことだと考えます。

本来のせどりには「(頼まれてないけど)買い物代行・もの探し代行」的な側面があり、既に出回っている希少性のあるものを見つけて欲しい人に届ける(そして高値販売による差益を得る)のが本質的な部分ではないでしょうか。

「これから出回るプレミア品」にいち早く手をつけて、品薄で喘いでいる人達に高値で売るという「マッチポンプ感」が反感の元凶であると分析します。

 

しかし、そうではなく「常に出回っているもので、市場価格よりも安く仕入れて適正価格で転売する」こと自体は咎められる理由がありません。

これがダメならリサイクルショップは全てアウトという話になってしまいますからね。

 

「でも転売なんて資金が必要だし、目利きがダメだったらずっと売れずに在庫になるじゃん!」と思う人もいるでしょう。

確かにそれが転売のデメリットですが、逆に言えばそこさえ備われば「横流しだけで稼げる」ということではないでしょうか?

自分が興味を持っていたり、好きなモノなら人より「割安かどうか」が詳しいはずです。(おもちゃや本はもちろん、化粧品や衣類、家電や車のパーツなどでもOK)

いつも自動車を利用している人はガソリン価格に敏感なのと同じようなもの。

慣れない作業に時間を掛けてやっとこさ数十円を得るよりも「好きなジャンルの商品で大きな転売差益を得る」ほうが楽しめそうですよね。

 

例えばドラッグストアや家電量販店・スーパーなど、全ての小売り店には「在庫限りのワゴンセール」があります。

その中には「え、ネットだとこんなに高く売れるのになんで?」というものが埋もれているのをご存知でしょうか?

こういう商品を狙ってヤフオクやメルカリで出品して稼ぐ手段もあるのです。

 

また、自らが家族や友人から不用品を募って「出品・発送代行」するなども在庫を抱えず手数料を稼ぐ手段になります。

オークションサイトやアプリに出品するのが面倒な人もいますから、そういう人へ「売れたらその額の○%くれれば代行するよ〜リサイクルショップよりは高く売れると思うよ〜」という切り口で小遣い稼ぎになるでしょう。

仕入れで身銭を切る必要はないですし、売れなくても痛手はありません。

ただ、大きく稼ぎたいならやっぱり自ら仕入れて転売するほうが効率的でしょう。

 

他にも例を挙げれば、転売は「自ら価値を付けて販売する」ことも可能。

趣味の多くには「入門セット」がありますよね。

「初心者でもコレさえ買えば一通り始める準備が整いますよ〜」というセット品。

これを自ら作り出してあげれば、既成品の寄り合わせながら「何を買えばいいかわからない初心者」に需要があったりします。

 

最後に、オークションサイトなどで「継続的に利益を得るために転売をするとき」は必ず古物商を取得するようにしましょう。

自らの不用品を売却する程度なら不要ですが、ビジネスとして転売している場合は古物商が必要になります。

古物商許可証は警察署で自分で取りに行けます。(19,000円くらいかかる)

【参考】古物商許可証 | 警視庁

 

さいごにひとこと

片手間でラクラク稼げる副業はない

色々書きましたが、副業と言えども立派なビジネスなので、副業バレを気にしながらやると思い切った行動ができません。

片手間ではなくそれを生業としている人もいるからこそ、中途半端だとそれなりの結果にしかならないもの。

 

いっそのこと「副業OK」の職場や、今より給料の良い企業に転職した方が早いかもしれません。

例えば月給3万アップの転職に成功すれば、副業で毎月3万円を得ているようなもので更に余暇もある訳ですから。

副業で毎月3万円をコンスタントに得るってかなり難しいです。

でも、副業をやるからにはそれくらい稼げないと生活に潤いは出ないですよね。

 

副業には夢もありますが、転職による年収アップとどちらが実現可能性が高いか考えてみる必要はあるでしょう。

参考になれば幸いです。

-転職の疑問

Copyright© たけのこズドン , 2019 All Rights Reserved.