転職の疑問

地方から東京の転職は難しい?事前準備で地方より簡単な理由

更新日:

地方から東京へ引っ越す人は毎年かなりの人数となります。

その多くは進学ですが、東京での仕事を求めて地方から移り住む人も少なくありません。

「日本の首都である東京への転職は地方より簡単である理由」を解説します。

地方から東京への転職は簡単である理由

人口が多いとそのぶん仕事の求人も多い

ものすごく単純な話ですが、ある土地に住まう人が多ければ多いほど消費が増えます。

つまり商売として成り立ちやすいため会社が増えるため、そこで働く人も増えるということ。

「地方や田舎には仕事が少ない」と言いますが、人が少ない場所はそもそも仕事も生まれにくいのです。

 

何かで起業するなら都会に行くべきというのもこの理論によるものであり、それは求職者にも当てはまること。

また、東京はテレビ局や大企業、メディアの全てが集結しているため「ない仕事はない」と言えるほど活動の幅は広がります。

 

人口が多いからライバルも多い?

人口が多いと求人以上に求職者も数多く集います。

そのため「仕事を探すなら地方のほうが有利なのでは?」と考える人もいるようです。

確かに「募集しても人が来ない」という市町村もあるくらいなので、仕事を選ばないなら地方の方がスムーズに決まることもあるでしょう。

 

しかし、地方も地方で「椅子取りゲーム」をしていることには変わりありません。

どうせ同じなら母数の大きい方が可能性を感じませんか。

人口が分散して地方が賑わえば日本ももっと活気が付くかもしれませんが、現状では東京の一極集中が続いています。

【参考】【国勢調査】東京圏への人口集中が止まらない! 地方創生は「絵に描いた餅」になってしまうのか

 

東京近郊も人口の多さから選ぶ人が多い

また、東京に限らずその近郊の県を選ぶ人も数多くいます。

例えば神奈川県や千葉県・埼玉県などですね。

東京へのアクセスも良く、かつ中心部から外れていることで選ぶ人も多いようです。

 

上京を決意する前に考えておきたいこと

何のために東京へ行くのか?

「単純に仕事があるから」というのも立派な理由ですが「具体的にやりたい仕事や目的はないのか?」を考えてみる必要があります。

東京は仕事に事欠かないとはいえ、誰にとっても住みやすい都市ではありません。

毎日の満員電車や騒がしさに疲れてしまう人も多く、恋しくなった地元へ戻る人もいるほどですから。

 

また、人口が多いとはいえ必ずしも職にありついて満足いく生活を送れる保証はありません。

東京にもホームレスはたくさんいますし、その日暮らしの日雇い労働者もトップクラスです。

 

東京へ転職するなら勢い任せではなく、ちゃんとした計画や上手く行かなかった時のカバーを考えた上で行動に移すほうが安全でしょう。

 

他の大都市ではダメなのか?

圧倒的に人口が多いのは言わずもがな東京ですが、後続の都市もかなり充実しています。

特に札幌・仙台・さいたま・横浜・川崎・名古屋・京都・大阪・神戸・広島・福岡は人口が100万人を超えています。(横浜はトップで約370万人、次いで大阪の約270万人、名古屋の約230万人)

道府県 政令指定都市
北海道 札幌市
宮城県 仙台市
埼玉県 さいたま市
千葉県 千葉市
神奈川県 横浜市
川崎市
相模原市
新潟県 新潟市
静岡県 静岡市
浜松市
愛知県 名古屋市
京都府 京都市
大阪府 大阪市
堺市
兵庫県 神戸市
岡山県 岡山市
広島県 広島市
福岡県 北九州市
福岡市
熊本県 熊本市

東京以外の大都市でもそれなりに仕事はあり、かつ東京よりも過ごしやすい場所が多いです。(好みはありますが)

 

地方にいる間にやるべきこと・注意点

地方に居ながら求人情報をリサーチする

まず地方から東京へ転職を考える時には何より「安全性」を考慮したいもの。

どこぞやのミュージシャンのように「なけなしのお金で東京に乗り込む」なんてしてはいけません。

 

ちゃんと東京や近郊の求人情報から分析を行った上で着実な行動に移しましょう。

求人情報のリサーチは「転職サイト」や「転職エージェント」を活用することで効率的に情報収集が出来ます。

 

リスクを抑えるならある程度の貯蓄を確保

東京で働くにあたっては物件を契約したり、そもそも面接に行かなければなりません。

つまり地方から新幹線や飛行機で遠征・宿泊する必要があり、その都度大きな出費となるでしょう。

 

さすがに面接と部屋探しを1回で済ませることはできませんし、面接も数社となれば回数も増えます。

そのため、ある程度の貯蓄を持っておきたい所ですね。

 

ちなみに北海道から東京まで閑散期で片道1万円〜2万円程度かかります。

宿泊はカプセルホテルなどを使えば安く収まりますが、大体1泊6,000円〜8,000円くらいは見ておきたいですね。

その他、飲食や交通費などを加味すると1泊2日でも4,5万円はかかります。

あくまで北海道の例ですが、他の地方でもそう安々と行ける金額ではありません。

 

つまり「ちゃんと下調べして、1回で決める位の熱意」が欠かせないのです。

 

東京23区や近郊の特徴を把握しておく

最後に東京に住む場合、希望する会社との兼ね合いもありますが住む場所気をつけたいもの。

東京23区内は区が変わるだけでもガラッと雰囲気が違いますし、治安の悪い地域・良い地域があります。

 

部屋を決めた後で「この地域ちょっと・・・」となるのでは遅いですよね。

ただでさえ東京や家賃が高いので、仕事はもちろん賃貸でも失敗したくはありません。

 

ネットで各情報を調べるのはもちろん、東京やその近郊に友人がいたら詳しく教えてもらうのもアリ。

特に地方から上京した知人友人であれば親身に答えてくれるでしょう。

 

【参考】東京23区の特徴と移住に役立つデータ

【参考】東京23区77地域を比べて分かった本当に治安の良い・悪い街ランキング

 

さいごにひとこと

求人が多いとはいえリスクの少ない行動を

考えなしで上京して夢を追ったけれど、上手く行かずにフリーターや日雇い労働者としてギリギリの生活をしている人もいます。

地元に戻るお金すらなく、日払いのお金でネカフェを宿しながらその生活を続けるしかないという人もいるようです。

 

地方でも大都市でも変わりませんが、転職は「最大限リスクを抑えつつ、現状よりも大きなメリットを得る」ことが鉄則。

今できることから少しずつ準備していけば、大都市に移り住んでも嫌な思いをせずに済むでしょう。

参考になれば幸いです。

-転職の疑問

Copyright© たけのこズドン , 2019 All Rights Reserved.