人間関係

チャンスを逃す人、掴む人の決定的な違いはコレ!

投稿日:

世の中にはチャンスが溢れてます。

しかし、トラップ(罠)も山ほど紛れており、多くの人は罠に引っかかりチャンスを逃します。

チャンスを掴む人は罠を遠ざけ、チャンスを逃す人は罠に寄っていく傾向にあると考えていますが、その理由を説明します。

チャンスを掴む人は罠を遠ざけ、チャンスを逃す人は罠に寄っていく

他人は他人の成功を望まない。孤独になれない人は罠にハマる。

世の中のどの分野でも成功している人、うまく行っている人はごくわずかです。

それは何故でしょうか?

 

努力?才能?コネ?お金?環境?親?運?

様々な要因が考えられるものの、ここで意識したい事は「周囲を振り切って一人でやってきたのかどうか」です。

 

例えばですが「周りのみんなが大事。みんなの傍から離れたくない。けど成功もしたい。」みたいな。

というように、望む成功とは程遠いステージに居続けようとする人・居続けてしまう人にはチャンスは得られないことが多いです。

 

先程も言いましたが、世の中上手くいく人はわずかです。

他人の多くは他人の成功を知ると嫉妬し、今後成功しそうな奴には邪魔をしてきます。

他人の多くは「自分の大事な人が遠くに行ってしまったような気になること」を嫌がり、引き留めようとします。

それは家族や友達も同じ。

心配するフリをして「今のままでいればいいのに」と相手に今まで変わらずいることを働きかけます。

  • あんまり無理しちゃだめだよ
  • もう十分頑張ってるじゃん
  • いまのままでも立派だよ
  • もう少し落ち着いてからでもよくない?
  • 高望みするな!そんな才能お前にはない!
  • もう今からじゃ遅いって、諦めな

例え家族や恋人、親友でも、上記のようなことを言って引き留めようとする人はみな「罠」です。

 

チャンスは「たった一人ででも今の環境や自分を変える決意」をした人しか得られません。

しかし、その決意をしたとしても周囲から集中砲火を浴びてしまうと心が折れてしまう人もいるのです。

 

今成功したいこと、夢があるなら周囲の人に言ってはいけません。

よく「夢は周囲に宣言せよ」なんて自己啓発の教えもありますが、あんなのは嘘っぱちです。

余計な邪魔が入るので、仲が良い人には誰にも言わず水面下で進めたほうが良いです。

あるいは、言うなら成功している人・関わりが薄い人にだけ話すことです。

 

成功へのチャンスを掴む人は自ら進んで一人(孤独)になる

上手くいく人、成功する人は一時的にでも急激にバランスを変えます。

ポイント

  • 惰性で続いてる人間関係(リアル・SNS)は全部切る
  • 成功するまで友達と遊ばない、恋人も作らない
  • 家族とも会う時間・機会を減らす
  • 好きなテレビやゲームも封印

こうやって、自分の望むモノ、望む成功にフォーカスして時間を徹底的に割り当てるから上手くいきます。

 

彼らは挑戦への時間を生み出すと共に「外野からの邪魔が入る余地を無くすること」も徹底しているのです。

人間関係はその最たるところです。

だからこそ進んで一人になれない人は「邪魔をしてくる他人」との関係性を断つことができずにチャンスを逃します。

 

余談ですが「友達がいない人」は最強です。

なぜならそういう邪魔が入らないので、伸び伸びと自分を変えられます。

 

横並び精神で出る杭を打とうとする精神性が根付いた日本において、ボッチほど恵まれた環境はないと考えます。

もちろん友達が欲しいと悩んでいる人もいるかもしれませんが、成功体験があり寛大な友達じゃなければ大体仲良くなっても足を引っ張られることが多いです。

そして、そういう人と友達になるには自分自身も何かで結果を残さない限り知り合えません。

有名人・神絵師にフォロバ(フォロー)されても特に何もないという話

 

成功した人は成功した人同士で繋がります。

ここまで書けば、その理由がなぜかわかるはずです。

 

成功した人は成功できない人から理解されないばかりか、妬まれ疎まれ迫害されます。

だから成功した者同士でつるんで「成功者だけのコミュニティ」ができる。

 

成功者は成功したことありのままに見せてしまうと反感を持たれ、時にお金や人脈などをタカられるから素性を隠して溶け込む。

無名のお金持ちが最高にして最強である理由

 

「自分が何かで大成功したら?」と逆算してみてください。

みんな泣いて喜んでくれるって?そりゃーめでたい、頭の中がお花畑ですね★

実際は嫉妬の嵐ですよ。

表面的にはニコニコして心の中では「なんでコイツが成功して俺が成功しないんだよ、クソが」というのがほとんど。

 

良し悪しに関わらず、抱えたものはすべて将来の言い訳になる

  • 自分の夢や目標に向かって覚悟を決めて、周囲と壁を作ってでも取り組む選択
  • 周囲の様子を見ながら、何も捨てられず抱え込んで歩んでいく選択

どちらを選んでもその人の人生ですが、今の時点で言えることは「良し悪しに関わらず、抱えたものはすべて将来の言い訳になる」ということです。

  • 仕事を辞める訳にはいかなかった
  • 大切な友人達との交流を断つ訳にはいかなかった
  • 家族や恋人に心配をかける訳にはいかなかった

例えばシングルマザーの方などは「我が子を守るためなら何でもする!」と覚悟を決めて大波を乗り越える人もいます。

 

しかし、抱えたモノが多い人は大体うまくいかず、それらは全て将来の言い訳になります。

「○○だから叶わなかった」の○○の部分ですね。

 

周囲との交流を絶ち、自ら孤独になる人はそういう言い訳を付く要素がありません。

「ここまでやって、結果が出せなきゃ全部自分のせい」

だから本気になるし、本気になった人は何かしら変身を遂げます。

 

同じ夢を志す仲間?んなもんいらない。作る奴から破滅する。

よく他者からの理解が得られないと「自分と同じ夢を志す仲間を作ってモチベーションを上げよう」と躍起になる人がいます。

しかし、そういう所は大体「傷の舐め合い集団、夢を追ってるつもり集団」だったりします。

 

つまり「夢を追っている自分が好き」が本音で、口で言うほど本気で夢を叶えたいとか思ってない人たち。

みんなで集まって馴れ合って褒めあってを繰り返し、新メンバーを入れて規模を広げる、使えない人脈を作るのが目的になった人たち。

 

「あ、その名刺もその名刺も、シュレッダーにかけて問題ないですよ。」

 

この中に加わるとほぼ8割は破滅の道へ向かいます。

そして、本当に成功しそうな事でもあればメンバー総出で袋叩きに合うでしょう。

 

あるいは最近だと、その集団をまとめている代表だけが甘い汁を吸って良い思いをしてたりします。

つまり「最初から絞り取る目的だけに立ち上げた集団組織」なんてのもありますからね。

 

これが日本の縮図です。

 

このような馴れ合いに目もくれず、人知れず独走して、成功者や成功への切符を持っている人に認めてもらう。

とても孤独ですが、これでいいのです。

逆に考えてください。

馴れ合い集団が「みんなで一緒に成功した!」など聞いたことがない。

 

「でも孤独に走っても、その努力が正しい方向かどうかわからない。不安になる。」と思う人もいるでしょう。

なら信頼のおける成功者を探して、覚悟の代わりになけなしのお金を払って相談してください。

少なくとも「成功してない奴ら」に心配事を相談してもどうにもなりません。

 

「だって成功してないし」って話で。

 

さいごに

チャンスは手放すからやってくる。なんでも抱え込む人には来ない。

見えないチャンスをどうにか掴もうと、馴れ合い集団や不毛SNSや異業種交流会、謎セミナーなどに奔走する人が多いですよね。

あるいは家族や友達、仕事など「居心地の良い環境」に留まったり。

しかし、そういうモノを抱えれば抱えるほどにチャンスは遠ざかります。

 

チャンスは「いらない何も、捨ててしまおう」というLOVE PHANTOMみたいな精神から始まると考えています。

たけのこ
実際のところ「チャンス」とはそこら辺をフワフワ漂っているものではなく、明確に自分の中に埋まっているもの

 

-人間関係

Copyright© たけのこの部屋 , 2020 All Rights Reserved.