人間関係

Youtubeは評価ボタン無くしてくれ!評価非表示は臆病なのか?

更新日:

youtubeではある時から評価ボタンとコメントを非表示にする設定が加わりました。

これにより視聴者層が共有できる数値は再生回数のみとなりました。

この記事ではアンチによる低評価やコメントから「身を守るための考え方」を解説しています。

(ここではコンテンツの内容や質を考え低評価を押している人や絨毯爆撃スパム的に低評価をつける人ではなく「私怨や嫉妬での憂さ晴らし的に押している人」に絞っています。)

アンチコメや低評価を怖がらないための思考

低評価を押す人はこれからも永遠いなくならない

前提として、憂さ晴らし的に低評価を押す人やアンチ・批判を繰り返す人はいなくならないでしょう。

なぜなら、彼ら(低評価を押す人)にとってはその行為が価値あるものだから。

 

「なんか気に食わない」で低評価を押されたら投稿者側は「無意味にそんなことしないでよ」と思うかもしれませんが、彼らにとっては無意味じゃないのです。

ではどういう意味があるのかというと「自分という存在を守るため」です。

ここでは動画投稿を例に展開しますが、例えファンの数は多くなくとも「自分で何かを考え行動し生み出し発表する人」はすごいのです。

お世辞にも上手とは言えない歌やイラストをアップロードしていたとしても、その熱意と行動力だけは誰もが評価せざる得ない部分なのですね。

 

低評価を押す人は潜在的にこの部分に気づいているでしょう。

だからこそ、何かを生み出し行動する人を見ると「自分は"それすらできない"なんて実は無価値な存在なんだ」と相対的に価値を引き下げられてしまうのです。

しかし、自分を変える努力も勇気がない、あるいはその途中で行き詰まっている人達ですから、彼らはそういう「行動や努力の産物」を突きつけられたときに「自分もさらに頑張るぞ」という思考回路が働きません。

 

実際、たけのこ自身もそういう時期がありました。

周りで自分だけ低月収で仕事も雑用ばかりの中、同期の友人は入社もまもなく華々しい仕事をしてまさに「自分が憧れイメージした仕事をしていた」と知った時。

なんでもないフリして内心嫉妬ばかりでした。

「今の環境でどう頑張ろうって思えるんだよ!ふざけんなよ」と思っていました。

 

そんな精神状態で心のバランスを取るためには、何かを批判したり低評価のいやがらせをすることしかできないのです。

ここで相手を素直に認めれば認めるほど、自分の居場所が奪われていくようで辛いのです。

もちろんそれが正しい行動ではありませんが、そうでもしないと今現在の自分自身が押しつぶされそうな気持ちになるのですね。

「こんなのが高評価?くだらない」などとケチをつけないと自分を保てない可哀想なループにどんどん飲み込まれていきます。

 

しかし、そんなケチばかりつけて「自分には何もないと思う自分」を庇う日々もまた辛いもの。

「結局、苦労・失敗しながらコツコツやり続けるしかない。勇気を出して環境を変えるしかない。」とわかってから私はこの蟻地獄から抜けました。

 

ポイント

小学生の時、運動のできない子供はできる子供から馬鹿にされることがありました。(ジャイアン的に「おまえそんなのもできねーのか」みたいな)

しかし大人になると良識のある人なら「できる人ができない人を馬鹿にする」ということはしないため、表面的には見られにくいものです。(同業者同士の嫉妬はあると思いますがそれは裏で言われるもので)

しかしネット社会においては「できない集団ができている個人を馬鹿にするゆがんだ構図」が通用しており、ゆがんだもの故に真に受ける必要のないものが多いと知っておく必要があります。

(筋が通った意見に対しては耳を傾ける必要があるかもしれませんが)

 

評価を非表示にすることは臆病なのか?

この手の記事を読み漁っていたとき「動画サイトの評価ボタンを非表示にするのは臆病である」という旨の記事を見ました。

そこで評価とコメント欄を封鎖してしまおう!と考えるのが、臆病な日本人の特徴なのかもしれませんが、今回はユーチューブの評価とコメントを非表示にする必要はないってことについてと投稿者へのメッセージを綴りました。

引用:https://zakkiwami.com/youtube-comment-hide/

理由としては世界のスターだって低評価を貰いまくっているから、気にする必要はないと。

 

しかし、ある程度有名になった人は高評価もそれなりに獲得しているものです。

 

高評価1100万に対して、低評価1000万でも「高評価が1100万(つまりファンが超大量にいる状況)あれば低評価なんて見る必要なくね?」と言えるような人達。

ファンが大量にいるなら低評価なんて辛くない。うんわかるわかる。

 

規模が下がって国内人気YouTuberのある動画を見てみます。

こちらは名前は伏せますが現状104万人の登録者がいるチャンネルです。

上記の動画は低評価が6400もあります。

このチャンネル主は「炎上を起こして嫌われて知名度を得るタイプ」のスタンスで有名です。

つまりそれが戦略であり、この主にとってバッドボタンはむしろ「嬉しい」と思っていることでしょう。

うん、これもわかる。

それに高評価だって1900もある。(1900人が肯定してくれたと考えれば、これも一般人からすれば大量の範疇でしょう。)

 

 

このような事例を見て誰もが「低評価なんて恐るるに足らずだな!」なんて思えますかね?

チャンネル登録者数が数十〜数百人の新参youtuberが視聴者から「こいつ気に食わないから」で低評価押されまくったら普通に凹みますよ。笑

炎上目的じゃないのに「高評価3・低評価20」とかだったら凹むでしょ?

ジャスティン・ビーバーや有名人を見習えなんていうのは強者の理論・理屈であって、それを始めたばかりの一般人youtuberに言うのは酷です。

 

個人的には「評価を非表示にすることは臆病ではない」と思います。

そもそもYou Tubeは動画共有サイトであり、動画の共有が核ですから評価ボタンやコメントはそれに付随するだけのものです。

「評価やコメント自体がノイズだ」と思う人もいるでしょうし、そういう人が無理に視聴者からのフィードバックの間口を設ける必要はないと思います。

運悪く変な人に粘着されることもありますから、時と場合によって閉鎖的な判断をしてもよいのではないでしょうか。

というかするべきです。

 

そもそも個人的には評価ボタンを設置している各プラットフォームは即刻撤去すべきと主張します。

自分で対象をしっかり評価できるなら評価ボタンなんかいらない。

感動も憎悪も全部自分の中だけで処理すればいい、それで足りないなら友達に話したり自分のSNSやらブログで語ればいい。

 

実際心が動いたらツイートしたり記事にしたり、友達に話したりするだろうよ。自分はそうしてきた。

じゃあ評価ボタンって何の必要性があるの?

Youtube側が自分のつけた評価によって自分に合うコンテンツを勧めてくれるなら、その評価は自分にだけ見えればよくて、他人にも見える必要はない。

 

これからも「生産する人」だけ楽しくが生き残る

単なる批判やバッドボタンを押す人は一生救われない人生

ファンが作者に対して投げかける疑問などは大切なフィードバックですが、単なる嫉妬からの批判や低評価を押すという行為には何の意味もありません。

あるのは冒頭で触れた「彼らがちっぽけな自分を守っているような感覚」だけです。

 

チャンスがあるのはいつだって「何かを作り発信していく人」のみ。

愚直に発信していった末に注目が当たると、生産できない人・しない人は横目で見ながら「なんでアイツが、なんでこんな駄作が」と言うのですが、それだけ。

彼らは現状に苦しみもがきながら批判対象を探し、環境を恨み才能・努力を恨み・人や世間を恨みながら死んでいくだけなのです。

たけのこ自身もそんな傾向が過去にあったうえ、嫉妬深い性格です。

でも「相手の苦労や努力をイメージする癖をつけて、自分の活動エネルギーに変換する術」を身に着けました。

 

もしあなたが何かを生産・発信している人であり低評価を恐れているなら、まずはそんな彼らに同情だけしてあげてほしいです。(もちろん関わらなくていいです)

そしてあなたは「自分は他の人の努力や成果を褒め讃えよう」としてみてください。無意味に批判する人達の逆を行くのです。

 

今後「中身がなく騒ぎたいだけの可哀想な人」をより可哀想な状況へ追い込む施策ができてくるでしょう。

その事を編集者の箕輪厚介氏が触れています。

・Twitterでただ騒いでる奴らには本当の情報はいかなくなって・・・。

・1ミリもイラッとしないで淡々とミュートしてくんすよ。そうすると僕の世の中からもう一生出会わない人になっていって。

・数年後って、僕がやんなくてもAIがネガティブコメント見えなくさせてくれて、もう出会わなくなる。

・あの人達は・・・あそこでしか自我がないってことだから、クソリプを送りたいんじゃなくてそれが最終的な自分の存在証明。

引用:The UPDATE「承認欲求型は終わり?SNSの未来」(箕輪厚介氏の発言)

また、同じ場にいる古坂氏や家入氏も話していますが「自分の画面だけには映るけど、他の人(周り)には見えていない」という対策は各所で取り入れられています。

結局彼らの言葉は誰にも届かず「届いた気になっている」という悲しい未来がすでにやってきています。

The UPDATEはとても良い番組なので見てない方はぜひおすすめします。

 

実際にメールフォームなども「誹謗中傷が送られてきてもフィルターでスパム扱いになって目に入らない対策」もありますからね。

本人は送った気になっていますが、スパムボックスにぶちこまれ見られることなく消えていくというもの。

迷惑メールだってもはや別に迷惑じゃない。何の実害もないから。

 

今後AIが発達していくと本当に「ただの誹謗中傷とそうじゃないもの」を精度高く振り分けてくれる仕組みができると思います。

SNSなら「特定の範囲でミュートされまくってる人を事前ミュートする機能」なんかもできるかもしれません。

そうなったSNSでは無意味な低評価やクソリプも目には届かず、オープンなようで確実に断絶したコミュニティと化すでしょう。

しかし、そのためにはプラットフォームにその意見を伝える必要があります。

 

「低評価ボタンなどいらない」「そもそも評価ボタンがいらない」と思うなら自身のブログやSNSで主張してみて下さい。

-人間関係

Copyright© たけのこズドン , 2019 All Rights Reserved.