転職の疑問

3年以内の転職って印象悪い?3年は辞めずに頑張るべき?

投稿日:

人間関係や労働条件、仕事の内容などで「もう辞めたい」と悩んでいる人は多いでしょう。

そんな時に良く耳にするのが「3年以内に辞めると履歴書にキズが付く」や「転職に不利になる」といった話。

この記事では「辞めたいのに不安が付きまとうイヤな状況から抜け出すための道筋」を解説します。

3年以内に会社を辞めると転職に不利なの?

必ずしも不利にはならないが、世間的なイメージが良くない理由

まず3年以内に辞めると転職に不利になるかどうか?ですが、必ずしも不利になるとは言えません。

例えばですが、過労死がよぎる程の劣悪な労働環境に入ってしまったにも関わらず「それでも3年居続けるべき」なんてことを言う人はなかなか曲者です。

どう考えてもおかしいと思える場合は今後がどうあれ今の状況を心配すべき。

 

しかし「自分のやりたい仕事じゃない」「思ったのと違う」「人間関係が合わない」など、よくある理由の場合は世間的なイメージは冷ややかなもの。

一般的に「3年も続かない人=根性がない」と思われてしまうのは避けようがありません。

 

もし自分がある企業の採用担当者になったとして、3年未満で辞めた人の面接したとしましょう。

「前の会社と同じようにすぐ辞められたら困るなぁ」と思いませんか?

 

3年以内に辞めた場合、同じ職種は難しい

これは新卒で入った会社を3年以内に辞めた場合ですが、同じ職種の会社に転職するのは難しいです。(難しいのであって無理ではありません)

というのも、1年や2年の経験程度じゃ学生に毛が映えた程度で即戦力とは言い難いため。

 

その上、採用担当者も「前の会社に新卒で入ってどんな仕事をしてきたか」くらいは聞かずとも大体予想が付きます。

30歳手前の中堅社員ならいざしらず、新卒で大きな仕事を任されるようなことはまずありません。

つまり「下積みのような仕事に耐えられない人なんだな」というレッテルを貼られるのはほぼ確実と言えるのです。

 

「即戦力でもなく、下積みにも耐えられない。そんな人材を雇いたいと思えるでしょうか?」

悔しいかもしれませんが、そう考えられてしまうのが一般的な判断であることを覚悟しましょう。

 

他人への相談はほどほどに。自分の未来を見据えて自分で考えること

自分より年長者に相談すると大体「辞めないでもう少し頑張ってみれば?」という結論を貰うことが多くなるでしょう。

その言葉は人にもよりますが、およそ下記のような気持ちから導かれています。

  • 相談された自分が無責任に「辞めるべき」と推すのは気が引ける
  • 保守的なタイプでありリスクの感じる決断を勧められない
  • 今辞めたら「使えないヤツ扱いされて苦労するから」という経験則

逆に自由奔放タイプの友人になると「んな会社辞めちまえばいいじゃん!」と無責任に言い放たれます。

これは相談相手の性格や立場にもよるので、参考にしたところで気が楽になることはないでしょう。

 

大切なことは今、自分の思い描いているような状況じゃないのであれば「それはいつまで続くのか?(いつ終わるのか?)」を考えてみること。

  • もう少し踏ん張れば状況が変わるのではないか?
  • 自分の行動次第でなんとかなるのではないか?

それを考えた上で、見切りを付けたのであればそれがあなたの覚悟です。

もちろんいつまで続くか考えても答えはでないのですが、最終的な決定権は自分自身にしかありません。

 

辞める理由。何を言っても言い訳にしかならないことを覚悟すべし

転職活動をする際、マイナスになるような事を退職理由として話したくない気持ちが湧くでしょう。

そこで、自分に非がない形で退職理由を作り変える人も数多くいます。

  • 前の会社の労働環境のせいにする
  • 親や親族の看病を理由にする
  • 自分の病気や体調不良を理由にする

それが事実であれ嘘であれ、採用担当者からは「言い訳」としか見られない位の心持ちでいましょう。

なぜなら、そこに共感してしまうと同じような人が来た時に同じ対応を考えないといけないため。

 

理由はどうあれ「この人は年数経たずに前の会社を辞めて受けに来た。うちの会社で使い物になるのかどうか?」だけが全てです。

 

3年以内に会社を辞めたい場合にやるべきこと

理解ある転職先やツテを見つけておく

もし3年以内に会社を辞めると覚悟ができたなら、可能な限り理解を示してくれる転職先やツテを見つけておくのが良いでしょう。

見つけたからといって採用される訳でも、そういう口約束が守られる訳でもありません。

しかし、辞める前から転職先にアタリが付けておき、スグ動けるように準備するのが得策です。

なんならアルバイト先でもいいくらいです。

 

特に新卒者は考えなしに会社を辞めて、それから転職活動を始めると悲惨な目に合いやすいので注意して下さい。

特にこの記事の前半で書いた「戦力にならない根性もない、雇える訳ないじゃん」という事実を火の玉ストレートで突きつけてくる面接官もいます。

若い方だと心が折れてしまうので、辞めるなら辞めるでちゃんと準備しましょう。

 

辞めない選択をした場合にやるべきこと

自分の将来像を明確にしておく

辞めない選択をした場合は、会社に居ながらして水面下で転職計画を練ることが重要です。

「将来的にこういう会社でこういう仕事がしたい!」という展望があるなら、そのために必要な事を書き出していきましょう。

 

もうひとつ大切なことは「なぜ、そういう会社でそういう仕事がしたいのか?」を明確にすることです。

なんとなくのイメージで語るのではなく、具体的に突き詰めて理由を書き出してみて下さい。

もしかしたら「人を喜ばせたいから」や「人から感謝されたいから」といった理由に行き着くかもしれません。

 

それが見えてくると「必ずしも道は1つではない」という気付きを得られるでしょう。

なんとなくのイメージで視野を狭めるのではなく、具体的に考え視野を広げていくことで今をより有効に使うことができます。

 

自分の経験やスキルは自分で掴みにいく

「このまま働き続けても、経験やスキルが得られない」と思うなら、自分で掴みにいきましょう。

同じ3年間だったとしても、自分で考え行動した内容があればそれはアピールポイントになります。

例えば下記のようなことでも立派なスキルになりますね。

  • 経験となることを社外でやってみる
  • やりたい仕事に関する資格を取得する
  • 自分でイベントを企画・主催してみる

 

印刷物のデザインをするグラフィックデザイナーでも入社してすぐデザインをさせてもらえることはそうありません。

まずは先輩デザイナーの雑用をこなし、デザインのパーツを作るなど下働きから始まります。

その間、経験を得たいデザイナーは仕事外で友人からの依頼などを積極的に取りに行き「自分のデザイン経験」を自分で磨きに行くのですね。

こういう行動は会社から仕事を与えられることと比較して「自分で考え行動する」割合が大きく、得られるモノも大きいでしょう。

 

3年が経ち、それでも転職したいのではあれば転職活動での武器になります。

それらの活動を3年間の仕事の中でどう活かしてこれたか?などまでストーリーを作れれば尚良し。

仕事を辞めない選択をしたからこそ、ベストタイミングの時まで自分を高める方法を模索したいもの。

 

さいごにひとこと

自分の選択に自信を持つこと

どちらを選んだとしても、後悔してしまうのが一番ダメなパターンです。

「あのとき辞めていなかったら(辞めていたら)」なんて考えるのは自己嫌悪に陥りますし、戻れもしないことをクヨクヨしても良いことなど一つもありません。

一度腹を決めたのなら「この選択が最良だったのだ!」と自信を持ち次の手を考えましょう。

参考になれば幸いです。

-転職の疑問

Copyright© たけのこズドン , 2019 All Rights Reserved.