自分の魅せ方

30代の転職や婚活が"手遅れ"になる人とならない人の考え方

投稿日:

よく「30代になったら手遅れ」という事を言う人がいますよね。

また何かの分野において「30代になったらもう手遅れですか?」と有識者に質問する人もいるでしょう。

  • 30代無職ですが、もう再就職には手遅れですか?
  • 30代独身女性ですが、もう結婚は手遅れですか?
  • 30代フリーターですが、今から独立は手遅れですか?

なんか笑えてきますね。

この「手遅れ」という感覚的な言葉についての持論です。

本当に手遅れになる人とならない人の差

「30代になったらもう手遅れでしょ」と言われて素直に納得する人は手遅れ

たけ美
馬鹿って言う方がバカなんだよバカ!

お悩み相談などで「◯◯したいんですが現在30です。年齢的に手遅れでしょうか?」と心配そうに質問する視聴者に対して「まぁー手遅れだよね、30過ぎたら」みたいな回答をした相談相手がいたとしましょう。

自分はこのような質問のやりとりを聞くと「(気持ち)わからんでもないけど、しょーもない質問だなー」と結構呆れています。

年齢制限のある仕事や資格などなら別ですけど、そうじゃないことに関して年齢制限を考えるのって何なんですかね?

 

もしこれで「手遅れですね」と赤の他人に言われたら「やっぱり手遅れだよな、諦めよ」となるんですかね?

逆に「まだ大丈夫ですよ!」と言われたら頑張れるんですか?言われなきゃ頑張れないんですか?

 

それってもはや自分で自分をコントロールできてない状況です。

もちろん他人に背中を押してもらって自信を付けたり、やる気が出たりということは事実ありますけど。

 

しかし「(年齢で)手遅れであることを受け入れた未来」には0.001%の可能性もない訳です。

それって時間の経過とともにどんどんやれることが減って苦しくなる考え方じゃないですか。

確かに若い時と比べたら(肉体的・気力的に)そうかもしれませんが、それをいい出したら「若い時にドンピシャで当てた人以外みんなオワタ」みたいな話になりません?

  • 「新卒カードで大企業に入れなかった人以外は没落人生、生きる価値ナシwwwww」
  • 「生まれた時から親に恵まれ裕福な家庭に育った奴以外はみんなゴミ!搾取されて死ぬだけwwwww」

って煽ってくる奴と同じ思考です。

 

可能性は本来自分で信じるものであり、その根拠を他人に求めること自体が「手遅れ」につながります。

その一例として、例えばこんな質問に比較的丁寧に事実を回答するとこうなります。

 

たけ美
私は今30代独身なのですが、この先結婚できるか不安です。
世の中には50代60代で結婚する人もいますし、結婚できるかどうかと年齢は関係ありません。
年齢のせいにするのではなく自分の環境や性格を考慮した行動をするべきです。
たけのこ

 

たけ美
美容師になりたいと考え中です。この先美容業界はどうなりますか?
(どの業界でも)残る人は残りますし、離れる人は離れます。

(どの業界でも)仕事に困らない人は困りませんし、困る人は困ります。個人の問題です。

もし「タッチパネルで好きな髪型を選べば勝手にカットしてくれるロボット」が全世界で普及したなら美容師はいらなくなるでしょう。

そういう兆しはありますか?それすら人に聞かなきゃわかりませんか?

たけのこ

 

たけ美
今からプログラミングを覚えるなら言語は何にすべきですか?
プログラミングで自分のやりたいことを述べましょう。話はそれからです。

「相手の国籍はわかりませんが、愛を伝えるにはどの言語を習得すべきですか?」と恋愛相談しているのと大差ありません。

「万能かつ即戦力になりたい」のであれば、言語を全部習得してくださいとしか言えません。

たけのこ

 

たけ美
アフィリエイトってまだ稼げますか?
稼げる人は稼げます。

稼げない人は10年前から稼げずに諦めてますし、稼げる人は今日から始めて半年後くらいに稼ぎ始めてるでしょう。

たけのこ

 

たけ美
40代無職です。もう一度人生やり直せますか?
やり直せるかどうかは他人ではなく自分が決めることです。他人の承認や許可も不要です。

そういうことではなく「もう一度社会復帰できるか?」という意味でもやはり個人によります。

いきなり大企業正社員は難しいかもしれませんが、アルバイトやパートから始めて正社員登用される人も世の中たくさんいるでしょう。

たけのこ

 

つまる所「個人の問題だから!」って言う話にしかなりません。

人によっては「これはひどい。時間の無駄もいいとこだ。」と思うでしょう。

相談に乗る人もそのような質問ばかりで面倒になると「30代?もう無理でしょ。やめときな。」の一言で済ませた方がラクなのです。

そう言い放つ人の言葉を逆に捉えると「この言葉を素直に受け入れるような人は最初から可能性ないでしょ」というメッセージすら感じます。

 

成功を掴む人はある意味で「他人の話を信じない・聞かない」

それは「自分しか信じていない」ということでもあるでしょう。

他人がどう言おうか「自分はこうだから、これをするんだ!」という明確な意思を持っている人は当たり前ですが年齢など気にしていません

だからいくつになっても恋愛できる、いくつになっても商売を始めたり、趣味を作って人生を楽しめる訳です。

 

20代で富と成功に恵まれた若き天才たちとは違い、サンダースはビジネスが軌道に乗った頃、すっかり60代になっていた。

引用:KFCおじさん、カーネル・サンダースのすべて

ケンタッキーフライドチキンの創業者であるカーネル・サンダース氏がフライドチキンを始めたのは65歳の時とあります。

それまでに幾度も仕事を変え、事業も失敗の連続、60代になってもなお無一文になるなど安定とはかけ離れた人生を送っていますが、最終的には誰もが知る世界的チェーン店として存在しているのです。

 

このように諦めない人を素直に評価せず「これはこの人だから出来たことでしょ」と斜に構えて言う人がいますが、そういう人は成功できないでしょう。

そして、そういう人ほど自分の尊敬する人に「◯◯業界はまだ大丈夫でしょうか?」などと取るに足らない質問を平気でぶっこむ傾向にあるようです。

自分で最初に「この人だから出来た」って気付いてるなら、なら自分の質問にも「人による」って気付けるはずなんですけどね。

 

さいごに

人生に手遅れなど存在しない

そう素直に思える人はいつまでも挑戦しますし、挑戦回数が多ければそれだけ成功する可能性も増えるでしょう。

つまり、手遅れだと疑問を持つこと自体が成功の可能性を跡形もなく消し去っているということに気付くべきです。

思うのは自由ですが、そう思った後の人生は「夢も希望もない死を待つだけの虚しい時間」となります。

 

ファッションや趣味などの部分では「個性だなんだ、人と同じだとつまらない」だのと言うわりに人生傾向は他人と同じじゃないと不安になる人は結局上っ面だけで個性もへったくれも無いわけです。

一見無個性に見えても何も言わずに黙々と人と違う人生を歩んでる人の方が100倍個性的ではないでしょうか。

-自分の魅せ方

Copyright© たけのこズドン , 2019 All Rights Reserved.