自分の魅せ方

有名になりたい病の人が考えるべきこと<有名人願望>

投稿日:

芸能人の街ブラ企画などで一般人から騒がれたり握手を求められているのを見ると「いいなぁ〜自分もこうなりたい」と思う人は多いでしょう。

あるいはSNSなどで称賛されている様子を見て憧れてみたり。

自分が有名になりたい病の人はネットの登場とともに一気に顕在化しましたが、彼らは報われないことの方が多いといいます。

とはいえ抱き続ける有名への憧れ、どう昇華すればいいのか私見を書きたいと思います。

有名になりたい病の人が報われない理由

順序が逆であることをしっかり受け止めていない

  • 女性にモテたいからバンドを始めた
  • 音楽が好きでバンド活動した結果、女性にモテるようになった

稀に前者のようなきっかけで何かを始める人もいますし、それでいつのまにか順序が逆転する人もいます。

「最初はモテたいという不純な動機だったけど、やってくうちにモテはどうでもよくなった」みたいな。

 

しかし、モテたいという動機がいつまでも残り続け、かつそれを凌ぐ目的も生まれない場合はとにかく結果が重要視されます。

つまり「モテるためにやってんのにモテないんじゃ意味ねーじゃん!」という具合。

純粋な音楽への情熱ではないため、どこかで「つまんね」と投げ出してしまいやすいでしょう。

 

これと同様に「有名になりたい」という動機も、その前提にある行為が明確ではないとどこかで崩壊しやすくなります。

  • <漫画を描く>のが好きだから売れて有名になって仕事にしたい!
  • <人前で歌う>のが好きだから売れて有名になって仕事にしたい!

<>内が前提ですね。

前提となるものはそもそも「有名であろうがなかろうが続けたいと思う好きなこと」なのです。

それがスッポリ抜け落ちて「有名になりたい」が先行してしまうと、中には犯罪行為で目立とうとしてニュースになる人もいます。(目的は達成してますが・・・)

 

有名になりたい病の人がまず明確にすべきは「有名になれなくても続けたいことはないのか?」という点です。

なければ、色々な経験をしてそれを見つけない限りはエネルギーが効率的に回らないでしょう。

 

有名人はファンも多ければ、有名人同士で濃ゆい人脈を持っています。

しかし、そんな有名人はファンを作るために行動したり、人脈を作る目的で行動したりしていません。

 

自分の技術を磨いたり、能力を伸ばした結果のファンや人脈ができているのは言うまでもありません。

 

つまりSNSでも「◯◯な人相互フォロー」や「◯◯好きつながろう」などの積み重ねで憧れの知名度を得ることはまず無理です。不可能です。

フォロワーを買ったり、見せかけの数字で誰かが拾ってくれることもありません。秒速で見抜かれます。

 

 

有名になりたい病の人が行動ができない理由

口では「有名になりたい」「ビッグになって稼ぎたいよね」という割に、何もしていない人はだいたいこの病気を患っています。

その理由は先程書いた通り。

何で有名になりたいかがよくわかっておらず、何事にも熱が入らないため。

 

だから有名人の仕事を「あのくらい俺でもできる」などと言いつつ、その証明はしません。(できません)

もしできるのなら、やれば即座に有名になれるチャンスがあるのに、やらないのは熱量がないため。

 

有名になりたい病の人は極めて局所的な部分に憧れを持ち続けます。

例えば・・・。

  • 有名人がインタビューや質問に対して熱弁している様子
  • 握手やサインを求められている様子
  • キャーという観客の声援に笑顔で応える様子

このような、前提の行為とは関係のない部分に憧れをもちやすく、それが俳優であろうがミュージシャンであろうが料理研究家であろうが関係ないのです。

でも、本当はソレが一番大事ですよね。

 

また、心のどこかで有名になるための地道な積み重ねを否定したい気持ちがあるのでしょう。

ある日突然宝くじに当選するような・・・そんなサプライズ的な拾い上げを期待しています。

 

「いつか有名になっからさ」と豪語する人がいたら、その人が地道な行動をしているか注目してみてください。

何もせず遊び呆けているようでしたら、(改心しない限り)その人が有名になることは生涯無い方に賭けて良いでしょう。

 

有名になりたい病はどう治せばいいのか、治るのか

インスタントなことに価値を感じない思考をする

有名人ともなればSNSでの他愛もない発言に数百いいねとか、数万いいねとか平気でつきます。

「これが評価されるの?」と思いたくなるような作品にも山のように高評価が付きます。

 

そのような光景に汚染されると「数こそ戦闘力だ!」と数ばかり意識した思考になってしまいかねません。

フォロワー数で人の価値を判断したり「こいつはフォロワー少ないから仲良くしても使えないな」とか思った時点でその人は悪魔の操り人形と化してしまいます。

 

そういう人は次第に周囲から目に余るほどの言動をし始めます。(態度ですぐにわかるものです)

お金はもちろん、SNSなどの数字はそういう人間の隠れた本性をわかりやすく顕在化させてくれるので、有名になりたい病の人も自滅しやすいと言えますね。

 

そういう数字はあくまで副産物であり「たった一人でもいいからずっと好いてくれる人の方が価値がある」と考えられるかどうか。

数の多さを崇拝しても、ふとした瞬間に全て崩れ落ちていくもの。

それよりも何があっても揺るがずに応援してくれる人が1人でもいれば、それほど心強くて救われることはありません。

 

不幸を呼ぶ価値判断そのものをやめる必要があります。

 

いまを見ない。5年、10年先を見る。

来週、来月にポッと有名になることなんてそうそうありません。というか犯罪で捕まらない限り大半の人には無理です。

 

普通のことで結果を成すには1年先でもまだ短いかもしれません。

そのようにできるだけ長いスパンで物事を見て行動を重ねられるなら、本当に有名になるチャンスは誰にでもあります。

 

今すぐインスタントな事はやめて、長いスパンで計画を立てて取り組むことをオススメします。

  • どう振る舞えば長期的な得となるか?
  • 自分ばかりが得しようとしていないか?(相手に華をもたせているか?
  • 自分の心に嘘をついていないか?
  • 短期目線でインスタントな快感を得ようとしてないか?

 

時間をかければ良いという訳ではありませんが、試行錯誤の回数を増やせば増やすほど時間がかかります。

他人ができないことをいち早くやったり、気づいたりするには試行錯誤が必要であり、それは狙って当てられるモノでもありません。

努力はかけた時間の量ではなく試行錯誤の質と量でなければならない。

 

米作りや野菜作りをイメージしてみる

農家の人であれば「時間をかけて育てて、後でじっくり収穫するスタイル」を知っているでしょう。

早く育てば早く出荷できますが、それができたら誰も苦労しません。

かといって実が小さいうちに収穫したのでは早く出荷できても価値がつかないでしょう。

 

時間をかけて大きく育つのを待つからこそ、収穫時の喜びもそのぶん大きくなります。

早く結果を望むような思考ではなく「最初は育成に専念して後で回収しようというゆとり」を持つことも大事です。

 

ここで「時間かけたのに育たなかったらどうすんだよ!」と思う方もいるでしょう。

 

努力はかけた時間の量ではなく試行錯誤の質と量でなければならない。

育たなかったら試行錯誤が足りてないか方向が間違っているのです。

普通本当に試行錯誤と呼べることをしているなら育たないことなどありません。(成長の度合いに個人差はあれど)

 

お金を払って講師に教えを仰いだり、教本を買って勉強するのは試行錯誤の軌道確認や回数を稼ぐ手段の1つです。

ですが、お金がなくても子供は興味や熱意だけで試行錯誤を繰り返し正解にたどり着いたり、法則を発見したりします。

 

つまり「楽しい!もっとやりたい!」という想いが試行錯誤を楽しい時間にしてくれるのです。

「楽しい!もっとやりたい!」がない人間に試行錯誤なんて苦痛でしょうがないことできる訳ないですよね?

そして冒頭で書いた「順序が逆であることをしっかり受け止めていない」に話が戻ります。

 

さいごに

人の評価を意識せずに続けられることは何か?

つまるところ、これがあるかどうかに全てがかかっていると言えるでしょう。

「評価を得られないならやる意味がない」なんて程度の熱量の人は「評価なんて無くても続けるよ!」という人に敵うはずがないのです。

 

  • 1万円払ってくれたら絵を描くという人
  • 描かせてくれるならタダでもいいという人

商売において考えれば自分のスキルをタダであげるのは微妙ですが、両者でスキルに差がなければお客は後者に殺到するでしょう。

後者は仕事などではなく自身の「やりたい」に従っているだけなのでこの時点で差がついてしまいます。

 

 

人間誰しも「これは好きだな、夢中になれるな」って思えるものが1つや2つあるはずです。

あるいは「できたらきっとハマりそうだ」と思えることとか。

お金や知名度以前に、そういう自分自身に嘘のないモノを見つけられるかどうかが今の時代で幸せに生きるポイントだと考えています。

たけのこ
少数派が認められ、個性が重宝される時代。
他人の評価を気にせず邁進できる人が注目され始める。

-自分の魅せ方

Copyright© たけのこズドン , 2019 All Rights Reserved.