マネーの話

無名のお金持ちが最高にして最強である理由

投稿日:

有名になりたい人、お金持ちになりたい人は多いですよね。

たけのこも両方あったらそれはそれで楽しいこともあるだろうなぁ〜と(良い面だけは)憧れます。

しかし、どうあがいても無名のお金持ちが最高にして最強でしょう。

無名の金持ちのほうが幸せ度が高い理由

向けられる嫉妬・悪意はとてつもなくリスキー

たけのこはとある地方都市に住んでいましたが、高校時代に「駅に芸能人が来る」と聞いて見に行ったことがあります。

テレビで見たことがあるアナウンサーと歌手がいました。

別に好きではありませんでしたが、携帯片手にムービーを撮ったのを覚えています。

 

というように、何かで有名になり知名度が出た人は常に見ず知らずの他人から監視されて生きる人生を強いられます。

途中で「やめて!」と言っても誰もやめてはくれません。

 

しかしファンや信者からの声援などであればまだしも「おい!○○!」とイカツイ連中から呼び捨てで絡まれたりもするんですよ?

有名になるというのはそういうことです。

 

  • チンピラみたいなのから「おい、○○やろ?ちょっと写真撮ってくれや。」と迫られます
  • すれ違いざまに「調子のんな気持ち悪い」と傷つくような捨て台詞を吐かれます
  • ネットなどに「ヤリ○ン」「犯罪者」などの誹謗中傷や家族・恋人の情報を流されます
  • 一度でも問題を起こすと総出で袋たたきに合い、その矛先は家族にも及びます
  • 金の臭いを感じて怪しい人達がたくさん近づいてきます(詐欺師・暴力団・宗教etc)

 

彼らはそんな有名人のことなど1ミリも尊敬しておらず、強いて言えばオモチャでしかありません。

有名人とはファンや信者に尊敬・応援されるだけではなく、彼らのオモチャとして生きる道でもあるのだと知るべきです。

 

有名になれば影響力や発言力が出るぶん、お金も生まれやすく人よりお金持ちになるのは簡単です。

ですが、その代償は大きく、知名度があればあるほど一般人と同様の生活はできません。

 

しかし、無名の金持ちであるならばそもそもそういう話にはなりませんよね。

無名のお金持ちは「確実に他者から嫉妬・攻撃される要素を持っているのに表向きはわからないステルス性がチートレベル」であると言えます。

たんまり金を持っていながらすっとぼけた顔で「吉野家うめー」とかやってるんです、そりゃ幸せでしょうよ。

 

 

有名人はなぜ海外に移住するのか?

海外に目的がある場合もあれど、理由の一つとして「自分を知っている人がいない」というのはポイントです。

日本なら街を歩けば声を掛けられ、サインや握手を迫られ写真を撮られる生活がいかに生き辛いかを表していると言えるでしょう。

 

また、犯罪を犯して追放された芸能人はひっそりと生きていくしかなく、自分の過ちとはいえ数年経てば忘れられる一般人とは違いその過去を半永久的に刻みつけられます。

逆に言えば、有名人になった途端、過去の過ちを掘り返されます。

例えば一度でもAVに出演した女の子は特定されたり、似ているAV女優と勘違いされてあらぬ噂が広がります。

 

全ての有名人がそうではありませんが「海外に逃げられるなら逃げて暮らしたい」と思う人も多いでしょう。

長期休暇で海外旅行に行くのも納得できますね。(お忍び国内旅行よりよっぽど羽を伸ばせそうです)

 

お金があっても有名人は決して幸せとはいえないことがわかります。

(もちろん違う視点で見れば幸せなこともたくさんあるでしょうけど)

 

無名のお金持ちはもう言うまでもありませんが、国内だろうが海外だろうが何の気兼ねもありません。

旅行はもちろん、住居においても家賃3万円のボロアパートだろうが、家賃100万円のタワマンだろうが誰にも何も言われない自由と選択権があるのです。

 

有名欲に踊らされる前に気づくべきこと

無名のお金持ちは「本当に心が満たされるモノ・コト」を知っている

有名な人はお金持ちに思えますが、お金持ちになるために有名になる必要はありません。

しかし、お金を持っているなら自分自身を宣伝しまくることで有名になることも可能です。

 

セレブを売っている人が実は演出であり作られたキャラであることも多いですが、知名度はお金をかければいかようにも操作できたりします。

必ずしも感性や才能みたいなモノを見いだされた少数が有名になる訳ではありません。

 

つまりは「有名人になってチヤホヤされること」は本当の意味で心が満たされるか否かという視点で、無名のお金持ちはそこに関心を持っていません。

 

そもそも「有名人になったらどういう変化があるか」なんて大体想像がつきますよね。

この記事に書いたことが全てではなくとも、いずれも含まれているはずです。

 

あとは「わかっててもなお欲するのか?」という問題になりますが、それで心が満たされない、目的が達成されないと思うなら欲しないのは当然のこと。

これは彼らだからという話ではなく、もっとマクロな視点で見て「有名か無名で得られるものでは人は本当の満足を得られない」という風に参考にすべきでしょう。

 

なぜなら、無名のお金持ちは有名になるための力を持っているのにそれをしないのですから。

 

知名度や有名かどうかで人を選ぶ人間は足元をすくわれる

「宅配ピザの社長自らが新入りアルバイトになってお店を潜入調査する」という海外番組がありました。

新人アルバイトが社長だと知らないスタッフの中には、普段のだらしない態度を見せる人もいれば、真面目に丁寧に新人教育する人もいました。

普段から真面目で、さらにオリジナルメニューまで考えていた人には、ネタばらしをした後「考案したオリジナルメニューを買い取る」という旨で報奨金を渡していたように覚えています。

 

これはあくまで番組ですが、このように「本当に力を持った人がどこに紛れて見ているかわからない」のが世の中です。

「有名人じゃないし雑に扱っていいや」というような人の選び方をする人は確実に足元をすくわれるでしょう。

 

有名人願望があったり、有名欲に踊らされている人は概ね知名度で人を見ている所があります。

金持ちだとわかるや否や目の色変えてすり寄ってくるバカ女やアホ男と同じですね。

こういう人は(作られた見た目で)騙されやすいですし、最終的に不幸になりがちです。(自分調べ)

 

お金持ちは有名人に なろうと思えば なれるんです。

じゃあ「誰かを有名人に仕立て上げて、そこに集まってきた奴らから金をむしり取ろう」もできるじゃないですか。

 

有名かどうかや知名度でしか人を見れない残念な人はこういう人達の良いカモになります。

また、本当に地道に努力してきた人はそういう「臭い奴ら(知名度だけを見て群がってくる人達)」を嗅ぎ分ける鼻が研ぎ澄まされています。

 

さいごに

あとはお金持ちを目指すだけ

今現在「無名でお金持ちでもない人」は無名であるという素晴らしい環境を持っています。

これは悔やむ所でも恥じる所でもなく、幸せなことだと受け入れてしまえば後はお金持ちを目指すだけです。(お金持ちになりたいなら)

 

そうとは思えず「有名を欲する人」はきっと有名になっても満足することはなく悩み続ける日々を送るでしょう。

 

それは資本主義社会において一部のお金持ちが無名で有り続けようとすることからもわかるはずです。

たけのこ
「なれるのにならない」「やれるのにやらない」は大きなメッセージが隠れている。

 

誰に認められたいかが定まっていない人は不幸になる

-マネーの話

Copyright© たけのこの部屋 , 2020 All Rights Reserved.